[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

快進撃のフィギュア日本男子トリオ、66年ぶり偉業なるか米注目「歴史的スイープだ」

フィギュアスケートの世界選手権は24日、フランス・モンペリエで男子ショートプログラム(SP)が行われ、宇野昌磨(トヨタ自動車)が世界歴代3位で自己ベストとなる109.63点で首位発進。鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)は105.69点で2位、友野一希(セントラルスポーツ)も自己ベストの101.12点で3位と、SPトップ3を日本勢が独占する状況となった。米メディアも「1956年以来の歴史的なスイープに列を成す」と注目している。

世界選手権、男子SPで首位に立った宇野昌磨【写真:Getty Images】
世界選手権、男子SPで首位に立った宇野昌磨【写真:Getty Images】

世界フィギュア男子SP 宇野、鍵山、友野がトップ3に

 フィギュアスケートの世界選手権は24日、フランス・モンペリエで男子ショートプログラム(SP)が行われ、宇野昌磨(トヨタ自動車)が世界歴代3位で自己ベストとなる109.63点で首位発進。鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)は105.69点で2位、友野一希(セントラルスポーツ)も自己ベストの101.12点で3位と、SPトップ3を日本勢が独占する状況となった。米メディアも「1956年以来の歴史的なスイープに列を成す」と注目している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 華麗な舞いでモンペリエのアリーナを沸かせた日本勢トリオ。米テレビ局「NBCスポーツ」は「日本の男子フィギュアが歴史的な世界選手権メダルスイープに列を成す」と見出しを打ち、快進撃に注目している。

 SPでは日本勢がトップ3を独占したが、記事では男子フィギュアの歴史で世界選手権と五輪で特定国の表彰台独占は1955年と56年の世界選手権と56年五輪でヘイズ・ジェンキンス、ロニー・ロバートソン、デビッド・ジェンキンスの米国勢以来と紹介。フリーの結果次第で「日本は1956年から初めての男子フュギュアのメダルをスイープする国になれる」と実に66年ぶりとなる偉業の行方に注目している。

 記事では首位スタートとなった宇野について、「土曜日のフリーで初の金メダルを獲得できる位置につけた。宇野は4回転フリップと4回転―3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させ、自己ベストの109.63点を記録した」と高く評価している。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集