[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨に海外メディア絶賛の嵐 世界に示した圧巻SP「視線、感情、衣装の全て好き」

フィギュアスケートの世界選手権(フランス・モンペリエ)は24日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、北京五輪銅メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストを更新する109.63点で首位に立った。世界歴代3位の高得点に海外メディアも脱帽している。

自己ベストとなる109.63点で首位発進した宇野昌磨【写真:Getty Images】
自己ベストとなる109.63点で首位発進した宇野昌磨【写真:Getty Images】

世界選手権男子SP

 フィギュアスケートの世界選手権(フランス・モンペリエ)は24日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、北京五輪銅メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストを更新する109.63点で首位に立った。世界歴代3位の高得点に海外メディアも脱帽している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

「オーボエ協奏曲」の調べに乗った宇野は、冒頭の4回転フリップに成功。続く4回転トウループ―3回転トウループのコンビネーションジャンプと3回転アクセルも着氷した。貫禄の演技後には会場からスタンディングオベーションが送られ、小躍りするように喜びを表現した。

 2位の鍵山優真に4点近い差をつけて首位発進。ツイッター上では海外メディアからも称賛が送られている。海外フィギュアスケート専門メディア「エニシング・ゴーズ」は「ショウマがスケートしている時にこれほど落ち着いていたことがあったろうか? 衝撃的な冷静さと穏やかさだ」と脱帽した様子だった。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」は「モンペリエでショウマ・ウノが魅せた。オーボエ協奏曲のSPは傑作で、ショウマのスケートも同様だった。なんて瞬間でしょう! ショウマのスケーティングを見ることは、常に新たな世界を切り開いているかのようだ」と評価した。

 カナダのスポーツジャーナリスト、ベバリー・スミス氏も「ステファン・ランビエールのショウマ・ウノへの影響は非常に大きい。彼の目線の向け方、感情表現、衣装、動き全てが好き。スタンディングオベーション。驚きはない」と師事するランビエール氏の功績にも着目していた。

 宇野に続いて2位に付けたのは105.69点の鍵山。3位には自己ベストの101.12点を記録した友野一希が入った。フリーは26日に行われる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集