[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

坂本花織がSP80点超えも…世界フィギュア除外のロシアから恨み節「我々が出ていれば」

フィギュアスケートの世界選手権はフランス・モンペリエで開催中。女子ショートプログラム(SP)では、北京五輪銅メダリスト・坂本花織(シスメックス)が自己ベストを更新する80.32点で首位に立った。ロシア勢不在の中で貫禄を示したが、ロシアの重鎮コーチは坂本の演技を認めながらも「もし我々の選手がリンクに出ていたら、彼女は1位になるチャンスはなかったでしょう」などと語ったようだ。同国メディアが報じている。

世界選手権、女子SPで首位に立った坂本花織【写真:AP】
世界選手権、女子SPで首位に立った坂本花織【写真:AP】

世界選手権にロシアは出場できず

 フィギュアスケートの世界選手権はフランス・モンペリエで開催中。女子ショートプログラム(SP)では、北京五輪銅メダリスト・坂本花織(シスメックス)が自己ベストを更新する80.32点で首位に立った。ロシア勢不在の中で貫禄を示したが、ロシアの重鎮コーチは坂本の演技を認めながらも「もし我々の選手がリンクに出ていたら、彼女は1位になるチャンスはなかったでしょう」などと語ったようだ。同国メディアが報じている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 坂本は冒頭の2回転アクセル、続く3回転ルッツにも成功。ダイナミックなステップでも観客を魅了し、拍手を浴びた。後半の連続3回転も着氷。ノーミスの演技で自身初の80点超えを達成した。キス・アンド・クライでは「ええーー!!!」と絶叫。「……80!? 80!? 80!?」と3度も繰り返し、手足をジタバタさせて喜んだ。

 ロシアのウクライナ侵攻が続く中、国際スケート連盟(ISU)は、世界選手権などからロシアとベラルーシの選手を除外すると発表。五輪金メダリストのアンナ・シェルバコワ(ロシア)らが不在の中で貫禄を示した坂本だが、ロシアメディア「sportrbc.ru」は、重鎮タチアナ・タラソワ氏のコメントを伝えている。

 タラソワ氏は「滑った選手の中で、日本の女子スケーターは一番良かった」と坂本の演技を認めつつも「もし我々の女子スケーターたちがリンクに出ていたら、彼女は1位になるチャンスはなかったでしょう。彼女はすべてをクリーンにやりましたが、これは20年前の滑りです」と語ったという。

 同氏は続けて「(坂本の演技は)すべてのエレメンツがなされましたが、最も難度の高いエレメンツはありませんでした。ロシアの選手たちは最も難度の高いこと追究し、技術的な完璧さにおいて成長しています。言うまでもなく、彼女たちはどこでも1位になるでしょう。日本の女子スケーターは悪くなく滑りましたが、もちろんこれは高いレベルではありません」とも話したという。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集