[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

堀琴音「幸せいっぱいです」 姉・奈津佳に並ぶツアー2勝目「今年は複数回Vが目標」

国内女子ゴルフツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOS最終日が20日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われた。首位で出た堀琴音(ダイセル)が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算9アンダーで優勝。昨年7月のニッポンハムレディス以来、ツアー2勝目を挙げた。

Tポイント×ENEOS、通算9アンダーで優勝した堀琴音【写真:Getty Images】
Tポイント×ENEOS、通算9アンダーで優勝した堀琴音【写真:Getty Images】

国内女子ツアー第3戦・Tポイント×ENEOS

 国内女子ゴルフツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOS最終日が20日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われた。首位で出た堀琴音(ダイセル)が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算9アンダーで優勝。昨年7月のニッポンハムレディス以来、ツアー2勝目を挙げた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 本人にとっても予想外に早く訪れた2勝目だった。堀は前半を2バーディー、ノーボギーで折り返した。6連続バーディーを記録した19歳ルーキー内田ことこに一時逆転され、終盤は葭葉ルミ、西村優菜と首位で3人並ぶ大混戦となったが、16番パー5でバーディーを奪取。そのまま逃げ切った。

 26歳の堀は開幕戦のダイキンオーキッドレディスで13位。2戦目の前週、明治安田生命レディスはサイ・ペイインに次ぐ1打差2位で惜しくも優勝を逃していたが、1週間後の大会で見事に雪辱を果たした。これで姉の29歳・奈津佳と並ぶツアー2勝目となった。

 ラウンド後のインタビューは以下の通り。

――今の率直な気持ちは。

「幸せいっぱいです(笑)」

――このギャラリーの方に見守られながらの優勝はどうでしたか。

「最後2パットで優勝という状況で、難しいラインでもなくドキドキしながらいたんですけど、最後2パットで上がれて、その後みなさんに『優勝おめでとう』って言っていただいてうれしい気持ちでいっぱいです」

――1打差ではありましたけどトップでスタートしました。スタートの時のどんなことを考えていましたか。

「初めての単独リーダーでのスタートだったんですけど、自分が追いかける気持ちでいこうと思って頑張りました」

――優勝が見えたなと思った瞬間は。

「いや、最後のカップに入るまでは一つも気を抜くところがなかったので、本当に最後詰めてきました」

――今シーズンの目標は。

「今年は複数回優勝が目標だったので、まずここで今季1勝目挙げられてよかったなと思います。また次に向けて頑張ります」

――テレビ、会場の方へ一言。

「きょう1日中応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。また今季2勝目を目指して頑張りますのでよろしくお願いします」

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集