[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • こんな変化球見たことない!? “164キロの衝撃”に米騒然「ピンポン玉みたいだ」

こんな変化球見たことない!? “164キロの衝撃”に米騒然「ピンポン玉みたいだ」

米大リーグで102マイル(約164キロ)のシンカーが生まれ、ファンが騒然となっている。MLB公式ツイッターが衝撃の1球を動画付きで公開。米ファンは「正気じゃない速さだ」「ピンポン玉みたいだ」「そこにそれはアンフェア」と仰天している。

ジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】
ジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】

カージナルス右腕ヒックスが投じた衝撃の1球が話題「正気じゃない速さだ」

 米大リーグで102マイル(約164キロ)のシンカーが生まれ、ファンが騒然となっている。MLB公式ツイッターが衝撃の1球を動画付きで公開。米ファンは「正気じゃない速さだ」「ピンポン玉みたいだ」「そこにそれはアンフェア」と仰天している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 1球で全米に衝撃を与えたのは、カージナルスの右腕、ジョーダン・ヒックス投手だ。1日(日本時間2日)の本拠地ホワイトソックス戦だった。

 7回から救援したヒックス。2死を奪い、迎えた右打者アンダーソンの場面だ。カウント1-1から3球目。右腕を豪快に振り、投じたのはシンカーだ。膝元への軌道に打者も打ちにかかる。しかし、白球は急激に足元に近づきながら沈んでいく。あまりの変化量にバットは空を切る。そして、メジャーNO1の名捕手モリーナも捕球できず、バックネットへ転がっていた。

 しかし、最大のサプライズは球速だった。叩き出したのは102マイル。球速にすれば、164キロ。大谷は今季101マイル(約163キロ)を記録していたが、それらを上回る今季のメジャー最速だ。しかも、直球ならまだしも、シンカーで記録してしまったのだから驚くしかない。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー