[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「127kgの激走×2」― 現役最年長44歳の“限界なき俊足”に米喝采「地球が揺れた」

「127kgの激走×2」― 現役最年長44歳の“限界なき俊足”に米喝采「地球が揺れた」

米大リーグの現役最年長選手が127キロの巨体で意外(?)な俊足を披露。メジャー平均に迫る時速23.37キロを記録した44歳の激走シーンを米メディアが動画付きで公開すると、「地球が揺れた」「国宝」「この男に限界はない」などファンが大興奮している。

バートロ・コロン【写真:Getty Images】
バートロ・コロン【写真:Getty Images】

44歳コロンが一塁ベースカバーで激走2連発が話題「バートロが連続で大ハッスル」

 米大リーグの現役最年長選手が127キロの巨体で意外(?)な俊足を披露。メジャー平均に迫る時速23.37キロを記録した44歳の激走シーンを米メディアが動画付きで公開すると、「地球が揺れた」「国宝」「この男に限界はない」などファンが大興奮している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

 巨体がフィールドを疾走した。まさかの俊足でファンを魅了したのは、レンジャーズの右腕、バートロ・コロン投手だ。

 21日(日本時間22日)のマリナーズ戦、先発したコロンは5回1死でギャメルと対峙し、速球をひっかけさせた。打球は一二間に転がり、一塁手のグズマンが出て捕球。となると、一塁をカバーするのが投手のコロンだ。44歳の現役最年長選手は刹那、疾走した。トレードマークの丸いお腹もなんの、細かいピッチで一塁方向へ爆走した。

 最後はギャメルと競争のような形となったが、グズマンのトスを受けると間一髪早く一塁ベースを踏んだ。判定はアウト――。見事に斬って取ったが、まだ終わらない。続くゴードンも一二塁間へゴロを放った。まるで再現VTRを見ているかのようにコロンは激走。さらに際どいタイミングとなったが、きっちりとアウトに仕留めてみせた。

 本来はただの一ゴロだが、一躍、スタジアムは大歓声が沸き起こった。コロンは苦笑いを浮かべ、やや肩で息をしながらボールを返し、127キロの巨体に降り注ぐ喝采を浴びていた。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー