[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「日本の高校生も体の知識を深めて」― エニタイムフィットネス創業者に聞く

「日本の高校生も体の知識を深めて」― エニタイムフィットネス創業者に聞く

日本初の24時間営業のマシンジム特化型ジム、エニタイムフィットネス(株式会社Fast Fitness Japan)は、4月から高校生向けの新サービス「HIGH SCHOOL PASS(ハイスクールパス)」をスタートした。

エニタイムフィットネス創業者の一人、チャック・ラニヨン氏【写真:編集部】
エニタイムフィットネス創業者の一人、チャック・ラニヨン氏【写真:編集部】

エニタイムフィットネスが高校生向け“無料サービス”を開始

 日本初の24時間営業のマシンジム特化型ジム、エニタイムフィットネス(株式会社Fast Fitness Japan)は、4月から高校生向けの新サービス「HIGH SCHOOL PASS(ハイスクールパス)」をスタートした。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 これは親権者がジムのメンバーであれば、18歳以下の高校生は無料で施設を利用できるという、フィットネス業界初の試み。高校生に正しいワークアウトを体験できる機会を提供するだけでなく、「学校に施設がなくワークアウトに取り組めないという部活動が抱える問題の解決や、不登校やひきこもりの生徒たちが外出するきっかけになってほしい」とFast Fitness Japan代表取締役社長COO土屋敦之氏は話す。

 また、今回の新サービス導入の発表に伴い、エニタイムフィットネス創業者の一人、チャック・ラニヨン氏もアメリカから来日。ラニヨン氏に日米の高校生について聞いた。

――日本の高校とアメリカの高校の運動環境の違いは?

「各高校にはジムの設備があり、アスレチックトレーナーなどの専門家も常駐している。一部の優秀な選手、プロフェッショナルを目指す選手は校外のコンペティティブなクラブに入る、個人でトレーナーを雇うなどしているが、学校スポーツはレクリエーション活動の一つ。シーズン制を採用し、シーズンごとに異なる競技、例えば春は野球や陸上、秋冬は水泳やバスケット、アイスホッケーなど、様々な競技を年間通して行う。一つのスポーツを極める日本の部活動とは大きく異なるだろう」

1 2

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー