[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、ゴロフキン戦実現なら「東京Dに6万人」! 大物プロモーターが断言

村田諒太、ゴロフキン戦実現なら「東京Dに6万人」! 大物プロモーターが断言

WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)を下し、日本人史上初となる同級王座の防衛に成功した。ミドル級3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との統一戦の期待が高まる中、大物プロモーターは「東京ドームは6万人で売り切れになる」と断言している。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

村田諒太、ゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】
村田諒太、ゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】

GGG×カネロ戦が消滅、両陣営による話し合いが本格化か

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)を下し、日本人史上初となる同級王座の防衛に成功した。ミドル級3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との統一戦の期待が高まる中、大物プロモーターは「東京ドームは6万人で売り切れになる」と断言している。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 実現すれば日本ボクシング史に残るビッグマッチとなる「村田対ゴロフキン」。カギを握るのは両選手のプロモーターだ。

「我々は全員、ファイターを含めて準備を進めている。私はまだトムとは話していない。トムは今(ネバダ州)コミッションの動向を待っている状況だからね。トムのプライオリティはカネロとの戦いをどうするのか。その戦いが実現しなければ、私は彼との話し合いに入るだろう」

 こう語ったのは村田と契約を結ぶトップ・ランク社の大物プロデューサーのボブ・アラム氏だった。トムとはゴロフキンのプロモーターを務めるトム・ロフラー氏のこと。

 ロフラー氏にとってのこれまでの最優先事項は、5月5日に予定されていたサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)との再戦。だが、ドーピング違反によるアルバレスの半年間の出場停止処分が決定し、“カネロ”の代役探しに奔走していた。結局、ゴロフキンはWBC世界スーパーウエルター級1位のバネス・マーティロスヤン(米国)との対戦が決定。今後、両プロモーター間で対戦へ向けた、何らかの動きが出てくるかもしれない。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー