[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、“シフト”にかかり遊ゴロ 「なんであんなところに人が…」 ファンも驚き

大谷翔平、“シフト”にかかり遊ゴロ 「なんであんなところに人が…」 ファンも驚き

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)の本拠地レッドソックス戦に「6番・DH」でスタメン出場。2回の第1打席は大胆な“大谷シフト”に引っ掛かり中前へ抜けそうな当たりが遊ゴロに。安打を1本損した格好となったシーンが話題になっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

自身初の「6番・DH」で先発、第1打席は中前へ抜けそうな当たりが遊ゴロに

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)の本拠地レッドソックス戦に「6番・DH」でスタメン出場。2回の第1打席は大胆な“大谷シフト”に引っ掛かり中前へ抜けそうな当たりが遊ゴロに。安打を1本損した格好となったシーンが話題になっている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 大谷がレ軍が敷いた網にからめとられた。2回1死一塁での第1打席、レ軍先発左腕ロドリゲスのカウント1-1からの直球。快音を残した打球は、投手を強襲し中前へ抜けるかと思われたが……。二塁ベース後方には遊撃手のホルトが。難なく捕球され、遊ゴロに終わった。

 大胆な大谷シフト。遊撃手が二塁ベースの後方に位置する一方で、三遊間には三塁手のデバースだけ。メジャーでは打者に対応してシフトを変えることは珍しくはないが、見事にはまった格好だ。

 だが弊害もあった。一塁走者のシモンズが一気に三塁を陥れた。シフトの影響で内野の連携が乱れ、本来投手が入る三塁のベースカバーに誰も入っていなかったのだ。2死三塁となり、続くコザートが一時同点に追いつく適時打を放った。

 このシーンに日本のファンはツイッターなどで驚きの声を上げている。「なんであんなとこに人が」「MLBは大胆なシフトしいてくるな」「大谷シフトじゃなければセンター前ヒットだった」「大谷シフトのおかげで三塁まで進めた」などのツイートが相次いでいた。

 同様のシフトを敷かれた4回の第2打席は空振り三振。今後、シフトを破れる柔軟な打撃ができるかにも注目が集まりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー