[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、“50億円決戦”開催は「イノウエの結果を待ってから」 動向を世界が注視

井上尚弥、“50億円決戦”開催は「イノウエの結果を待ってから」 動向を世界が注視

プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は5月25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。3階級制覇が期待される「The Monster」には、賞金総額50億円ともいわれるボクシング界の一大イベント「ワールドボクシングスーパーシリーズ(WBSS)」参戦の可能性が浮上しているが、この開催発表が井上のタイトルマッチ待ちの状況だという。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

賞金総額50億円のWBSSへの注目度上昇中、南アの11秒KO男・テテも参戦見据える

 プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は5月25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。3階級制覇が期待される「The Monster」には、賞金総額50億円ともいわれるボクシング界の一大イベント「ワールドボクシングスーパーシリーズ(WBSS)」参戦の可能性が浮上しているが、この開催発表が井上のタイトルマッチ待ちの状況だという。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

「スーパーシリーズの交渉がテテを防衛戦の意欲を高める」と特集したのは南アフリカ地元紙「サンデー・ワールド」だった。

 WBO世界バンタム級王者のゾラニ・テテ(南アフリカ)は、昨年11月に同級3位のシボニソ・ゴニャ(同)を世界最速の初回11秒で沈め、一気に名前を上げた。4月21日にベルファストで同級1位のオマール・ナルバエス(アルゼンチン)と2度目の防衛戦に臨むが、テテも井上とともに“一大フェスティバル”への参戦が見込まれている。

 テテはナルバエス戦の先にある、バンタム級のトップボクサー勢ぞろいが見込まれるWBSSにすでに照準を合わせているようだ。

「ナルバエスには自分にとって、大事なこの全てを台無しにさせるわけにいかない。これはデカイ(イベントだ)。彼の功績と経験には敬意を払うが、オレがリングに足を踏み入れるまでの話だ」

 同紙によると、テテはこう語ったという。ナルバエスは42歳ながら歴戦の強者。だが南アフリカの強豪はその先の一大イベントを見据え、燃えているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー