[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

帝京大が9連覇以来4大会ぶり復活V ラグビー大学選手権、5トライで27-14明大撃破

全国大学ラグビー選手権決勝が9日、東京・国立競技場で行われ、帝京大が27-14で明大を下した。5トライを奪い、前人未到の9連覇を果たした2017年度以来、4大会ぶり10度目の復活優勝。1年時に連覇が途絶え、優勝の味を知らない今の4年生は最後の年に栄冠を手にした。明大は3大会ぶり14度目の日本一を逃した。

4大会ぶりの優勝を決め、喜ぶ帝京大の選手たち【写真:中戸川知世】
4大会ぶりの優勝を決め、喜ぶ帝京大の選手たち【写真:中戸川知世】

全国大学ラグビー選手権決勝

 全国大学ラグビー選手権決勝が9日、東京・国立競技場で行われ、帝京大が27-14で明大を下した。5トライを奪い、前人未到の9連覇を果たした2017年度以来、4大会ぶり10度目の復活優勝。1年時に連覇が途絶え、優勝の味を知らない今の4年生は最後の年に栄冠を手にした。明大は3大会ぶり14度目の日本一を逃した。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 先制したのは帝京大だった。前半5分、敵陣残り10メートル弱の左ラインアウト。こぼれたボールをCTB押川敦治が持ち込み、そのままインゴールに飛び込んだ。5-0の13分にはゴール左、残り約15メートルのラックから素早いパスで右に展開し、最後は大外のWTB白國亮大へ。防御を切り裂き、右中央へトライを決めた。34分にも残り10メートルから細かくパスを繋いで白國がトライを重ねた。

 前半終了間際には、白國がハーフウェイラインでインターセプト。会場をどよめかせながら50メートルを独走し、3トライ目を決めた。20-0で後半に突入。勝負所で攻めきれなかった明大は、後半9分にHO田森海音が残り5メートルから持ち込んで反撃のトライを奪った。CTB廣瀬雄也がコンバージョンを決めて7-20。東京五輪7人制日本代表のWTB石田吉平がボールを運び、攻撃の時間を増やしていった。

 しかし、帝京大の分厚いスクラムが立ちはだかった。23分に押し勝ってボールを奪うと、主将のPR細木康太郎が絶叫。勢いを増し、敵陣残り20メートル付近でボールを受けたNO8奥井章仁が、相手タックルをはねのけながら強引にトライまで持っていった。後半24分に明大FL福田陸人にトライを許すなど、27-14とされたが、そのまま逃げ切った。

 関東対抗戦1位・帝京大と同3位・明大のカード。両者が決勝で対戦するのは、帝京大が21-20で勝利を収めて9連覇を達成した17年度以来だった。

 細木主将は涙ながらに場内インタビューに立ち、「凄い嬉しいのと、これまでたくさんの応援、サポートしてくれた人に本当に感謝したいです」と第一声。「本当に僕たちラグビー部に対して、帝京大学の学長をはじめ、教員の皆様、監督やコーチ、家族、これまで応援してくれたファンのみんなだったり、これまで一緒に戦ってきた部員のみんながいたから、ここまで嬉しいんだろうと思います」と明かした。

 1年間の取り組みについて「細木主将に尽きると思う。細木主将が、本人が成長しながらしっかりと周りを逞しくしてくれた」と評した岩出監督。9連覇との比較を問われ、「連覇には連覇の良かった思いがたくさんあるけど、今年のチームは一度負けたところから上がっていった分、よりタフになった分、学生の魅力が高まった1年じゃないかと思うし、こういう結果を与えてもらってみんなで喜びたい」と感慨に浸った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集