[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

少年サッカーで珍しい順位決定、フェアプレーに提示されるグリーンカードで勝ち抜け

フェアプレーを推奨するものだが、称賛されたい気持ちが先行する懸念も…

 ほかの大会でも採用されているが、勝敗決定事項に含まれるのは、珍しい。大阪市ジュネッスは、指導者も勝ち抜けは抽選次第と思い込んでいたが、試合後にグリーンカードによる勝ち抜けを知らされた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 攻撃の主軸として活躍した背番号10の川口遼己君は「グリーンカードは、良い挨拶ができたからチーム全体でもらったけど、いつも通りにしただけだった。昨日のチームミーティングでフェアプレーも大事と言われていたし、嬉しい」と喜んだ。

 グリーンカードは、フェアプレーを奨励するものだが、国内少年サッカーの指導者の間では、わざわざ審判がカードを提示する必要はないという否定的な意見も存在する。子どもが大人の視線を気にして行動を変えてしまうからだ。例えば、試合に勝った選手が、負けて泣いている選手を慰めてグリーンカードを提示されると、大会の中で同じ行為が増える。行動を重ねて習慣化することで子どもがフェアプレーを学んでいく可能性がある一方、グリーンカードによって称賛されたい気持ちが先行し、形ばかりのフェアプレーが増える懸念も生まれる。

 グリーンカードは、日本サッカー協会などが主催する全日本少年サッカーでも導入しているが、勝敗、順位決定とは無関係としている。フェアプレー賞など勝敗に関連しない表彰の対象となる例は多い中、今大会ではグリーンカードがトーナメント出場チームを決めるという珍しいケースが生まれることとなった。

ダノンネーションズカップ2018inJAPAN決勝大会

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

決勝トーナメント組み合わせ

柏レイソルU-12(A組1位)vs栃木SCジュニア(B組2位)
バディサッカークラブ(C組1位)vsヴァンフォーレ甲府U-12(D組2位)
FCパーシモン(E組1位)vsサンフレッチェ広島F.C.ジュニア(F組2位)
セレッソ大阪U-12(G組1位)vs東京ヴェルディジュニア(H組2位)
大阪市ジュネッスフットボールクラブ(A組2位)vs川崎フロンターレU-12(B組1位)
大分トリニータU-12(C組2位)vsレジスタFC(D組1位)
大宮アルディージャジュニア(E組2位)vs江南南サッカー少年団(F組1位)
Wings U-12(G組2位)vsバディーSC(H組1位)

(平野 貴也 / Takaya Hirano)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集