[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 少年サッカーで珍しい順位決定、フェアプレーに提示されるグリーンカードで勝ち抜け

少年サッカーで珍しい順位決定、フェアプレーに提示されるグリーンカードで勝ち抜け

小学生を対象とした8人制のサッカー大会「ダノンネーションズカップ2018inJAPAN決勝大会」が1日に駒沢オリンピック公園で開幕し、男子は連覇を狙う柏レイソルU-12、前回準優勝の川崎フロンターレU-12など16チームが2日に行われる決勝トーナメント進出を決めた。FIFA(国際サッカー連盟)公認の大会で、世界32カ国で開催され、日本大会の優勝チームは世界大会に出場する。

グリーンカードで大阪市ジュネッスが勝ち抜けた【写真:平野貴也】
グリーンカードで大阪市ジュネッスが勝ち抜けた【写真:平野貴也】

大阪市ジュネッスが“フェアプレー”に提示されるグリーンカード差で決勝トーナメント進出

 小学生を対象とした8人制のサッカー大会「ダノンネーションズカップ2018inJAPAN決勝大会」が1日に駒沢オリンピック公園で開幕し、男子は連覇を狙う柏レイソルU-12、前回準優勝の川崎フロンターレU-12など16チームが2日に行われる決勝トーナメント進出を決めた。FIFA(国際サッカー連盟)公認の大会で、世界32カ国で開催され、日本大会の優勝チームは、フランスで現地チームとの親善試合プログラムに参加する(当初、世界大会の出場が予定されていたが、ダノンフランス本社により、2018年世界大会は2019年に延期。日本では多くの選手が中学校やジュニアユースで別チームに進み、同一チームでの参加が事実上不可能なため代替案が用意された)。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 前回大会のベスト8、国内4会場で行われた予選の各上位4位、抽選参加の8チームの計32チームが参加。大会初日は、4チームずつ8組に分かれたグループリーグで総当たり1回戦を行った。各組の上位2位が決勝トーナメントに進むが、柏レイソルU-12が1位で突破したA組では、珍しい規定で大阪市ジュネッスフットボールクラブが2位チームに決まった。

 競技規定により順位決定方法は、合計勝点(勝利3、引き分け1)、得失点差、総得点数、当該チーム間成績、累積カード、抽選の優先順となっている。大阪市ジュネッスは、2試合を終えて横浜F・マリノスプライマリーと勝点、得失点差、総得点数で並び、直接対決となった第3戦も0-0で引き分けたため、勝敗は累積カードに委ねられた。両チームともにファウルによるイエローカード、レッドカードはなかったが、大阪市ジュネッスが第2戦の際にグリーンカードを受けていたために上位となり、2位でグループリーグを勝ち抜いた。

 グリーンカードは、日本サッカー協会がU-12以下の大会を対象にフェアプレーを推進することを目的として2004年度に導入したもの。海外では大人の大会で採用されている例もある。負傷した相手への思いやり、意図しなかったファウルの際の謝罪、フェアな態度で試合に臨んだチームなどに審判が提示する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー