[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本&韓国は? 米メディアがアジア5か国の“現在地”を分析「各国の準備はどう?」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に挑む各国は今月、国際親善試合を戦い、3か月を切った本番に向け、調整した。6大会連続6度目の出場となる日本は、マリ、ウクライナと戦い、1敗1分けと課題が残る結果となったが、海外メディアはW杯に出場するアジア各国の現在を分析している。

6大会連続6度目の出場となる日本代表【写真:Getty Images】
6大会連続6度目の出場となる日本代表【写真:Getty Images】

本番まで3か月弱…大手スポーツ専門局が各国を分析

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に挑む各国は今月、国際親善試合を戦い、3か月を切った本番に向け、調整した。6大会連続6度目の出場となる日本は、マリ、ウクライナと戦い、1敗1分けと課題が残る結果となったが、海外メディアはW杯に出場するアジア各国の現在を分析している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「アジアが挑むW杯:日本、韓国、サウジアラビア、イラン、オーストラリアの準備はどう?」と見出しを打って特集したのは、米国の大手スポーツ専門局「ESPN」だった。記事では、本大会に出場するアジア5か国の現在を分析している。最初に取り上げたのは、6大会連続6度目の日本だった。

「今回、ケイスケ・ホンダは11月以来、初となる代表復帰を遂げたが、シンジ・カガワは負傷により招集外、プレミアリーグで戦うマヤ・ヨシダとシンジ・オカザキも呼ばれなかった」と本田が招集される一方で香川、吉田、岡崎といった主力が招集されなかったことを紹介。「そして、注視すべきは、ヨウスケ・イデグチ」と昨年ブレイクした井手口の存在も言及している。

「彼はロシアW杯出場を確定させるオーストラリア戦で壮観で劇的なゴールを奪った男だが、彼にも声がかかることはなかった。1月に欧州挑戦したばかりだが、90分間プレーする機会がほとんど与えられていない。バヒド・ハリルホジッチ監督は、クラブでプレーしていない選手を許す気にはなれないようだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集