[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、8R立ち続けた鋼の挑戦者ディパエンに脱帽「あれ、俺パンチないのかな?」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒TKO勝ちした。2年1か月ぶりの国内凱旋試合で日本人の現役世界王者最多となるWBA6度目(正規王者時代も含む)、IBF4度目の防衛成功。日本人初の4団体統一の快挙に向けて関門を突破した。

アラン・ディパエンの顔に井上尚弥の右が直撃するも…【写真:荒川祐史】
アラン・ディパエンの顔に井上尚弥の右が直撃するも…【写真:荒川祐史】

WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒TKO勝ちした。2年1か月ぶりの国内凱旋試合で日本人の現役世界王者最多となるWBA6度目(正規王者時代も含む)、IBF4度目の防衛成功。日本人初の4団体統一の快挙に向けて関門を突破した。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 モンスターが脱帽した。初回は互いに手数が少なく、様子を見る展開。2回以降に徐々に井上が前に出た。3回開始時点でディパエンの鼻は赤身を帯び、中盤以降は出血もあった。しかし、井上がどれだけ打ち込んでも倒れることなく、むしろ笑みを浮かべるシーンも。8回にようやく決着。左フック、左右のボディーを繰り返すと、左ショートでダウンを奪った。立ち上がった挑戦者だが、一方的な展開にレフェリーがストップをかけた。

 戦前の圧倒的優位予想から、よもやの8回の試合に。「ディパエン選手は本当に凄くタフで、向かい合った時に何かを狙っている雰囲気も、根性も感じた。なので、こういう試合になってしまいましたけど、今後に期待してください」と回顧。「試合に向けて練習してきたリードジャブは手応えあったけど、やっている最中に『これ、効いてるのかな?』というくらい表情も出さず、淡々とタフさを出してきた」と脱帽した。

「やっているこっちがメンタルやられそうで『あれ、俺パンチないのかな?』と感じてしまうくらいタフでした」との自虐には会場から笑いも起きたが、高速決着が代名詞の井上。「ここ最近の試合はラウンド数も短く、もっと見せてくれよという声もあり、8ラウンドまでやればこの野郎という人もいる。いろんな意見もあるので。今日は8ラウンドを日本のリングで2年ぶりにやって、楽しく戦えたこと良かった」とファンを沸かせた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集