[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

198cm70kgの規格外ボクサー、避けきれない“伸びる左”に米驚愕「もう少しで首飛ぶ」

ボクシングのWBC世界スーパーウェルター級(69.85キロ以下)挑戦者決定戦12回戦が5日(日本時間6日)、米ロサンゼルスで行われ、同級4位で198センチの長身セバスチャン・フンドラ(メキシコ)が同級2位セルヒオ・ガルシア(スペイン)に3-0の判定勝ちを収めた。米興行大手は、規格外のリーチから放たれる“伸びる左”の動画を公開すると、米ファンは「もう少しで首が飛ぶ」「ゲームで作った選手」と驚愕している。

セバスチャン・フンドラ【写真:Getty Images】
セバスチャン・フンドラ【写真:Getty Images】

198センチの長身フンドラの左ストレートが凄い

 ボクシングのWBC世界スーパーウェルター級(69.85キロ以下)挑戦者決定戦12回戦が5日(日本時間6日)、米ロサンゼルスで行われ、同級4位で198センチの長身セバスチャン・フンドラ(メキシコ)が同級2位セルヒオ・ガルシア(スペイン)に3-0の判定勝ちを収めた。米興行大手は、規格外のリーチから放たれる“伸びる左”の動画を公開すると、米ファンは「もう少しで首が飛ぶ」「ゲームで作った選手」と驚愕している。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 腕が長い。フンドラは身長198センチ、リーチ203センチ。69.85キロ以下の同級で規格外のサイズを誇る23歳のパンチが伸びてきた。身長182センチのガルシアはガードを固めながらスウェーで上体を反らす。しかし、フンドラの左拳は完全にヒット。綺麗に顎が跳ね上がった。

 米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」公式ツイッターは、スローモーションの動画を公開。米ファンからは「もう少しで首が飛ぶところだ」「ケビン・デュラントがリングの上にいるようなもの」と驚きを隠せないようだ。米スポーツチャンネル「ショータイム」公式インスタグラムも、左ストレートが被弾した瞬間の画像を公開すると、「ゲームで作った選手のよう」「危険すぎる」とコメントが相次いでいる。

 フンドラは33勝(14KO)だったガルシアにプロ初黒星をつけ、自身は18勝(12KO)1分で無敗をキープ。WBC同級王者ジャーメル・チャーロ(米国)への挑戦権を獲得した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集