[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京みやげに4万円の逸品購入した競泳選手 海外ファン絶賛「借金してもそれを買うよ」【東京五輪総集編】

2021年夏に東京五輪・パラリンピックが開催され、世界のアスリートが熱戦を繰り広げた。1年延期に無観客という未曾有の環境下、多くの海外選手やメディアが舞台裏をSNSで発信。日本文化の魅力を世界に伝えるなど、競技外も盛り上がった。そんな出来事を「東京五輪総集編」と題し、振り返る。今回は大会に出場した海外選手が持ち帰ったお土産。4万円もした逸品を公開し、反響が広がった。

競泳女子でメダルを2個獲得したエミリー・シーボーム【写真:Getty Images】
競泳女子でメダルを2個獲得したエミリー・シーボーム【写真:Getty Images】

競技外も盛り上がった「東京五輪総集編」、競泳選手が持ち帰ったお土産とは

 2021年夏に東京五輪・パラリンピックが開催され、世界のアスリートが熱戦を繰り広げた。1年延期に無観客という未曾有の環境下、多くの海外選手やメディアが舞台裏をSNSで発信。日本文化の魅力を世界に伝えるなど、競技外も盛り上がった。そんな出来事を「東京五輪総集編」と題し、振り返る。今回は大会に出場した海外選手が持ち帰ったお土産。4万円もした逸品を公開し、反響が広がった。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 お気に入りの東京土産を公開したのは、競泳女子200メートル背泳ぎで銅メダル、同4×100メートルメドレーリレーで金メダルを獲得したエミリー・シーボーム(オーストラリア)だ。帰国後、9種類のお土産を自身のTikTokで「お土産の戦利品」と題して動画を公開。「お土産ショップで買ったもの。青いシャツは父に。マスコット入りは友達に。クールでしょ」などとまずは4種類のTシャツを紹介した。

 さらに、大会公式マスコット「ミライトワ」のクッションも購入したようで「説明できないほど、とんでもなく柔らかいの」と説明。その後も犬などのペット用リード、マグカップ、馬術のピクトグラム入りTシャツを紹介。最後に「これは今までで一番のお気に入り」とスカジャンを公開。「このジャケット最高。500ドル(約4万円)したけど、個人的には間違いなくその価値あるよ」と興奮気味に伝えていた。

 五輪公式オンラインショップでも販売された「横須賀スカジャン」。3万9600円と高額ながら、M、LL、3Lともに完売した人気商品は海外ファンからも「このジャケットは異次元のクールさだね」「500ドルだと!!!」「ワオ、そのジャケットアメージングだ」「間違いなく価値あるね」「自分なら借金してもそのジャケット買うよ」「ジャケットかっこいいね!」「ジャケット美しいわ」と好評を集めていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集