[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー、ボールキッズを騙した!? 魔法のスライスが話題「何!? 何が…!?」

男子テニスのBNPパリバ・オープンは12日(日本時間13日)、シングルス3回戦で第1位シードのロジャー・フェデラー(スイス)がフィリップ・クライノビッチ(セルビア)に6-2、6-1のストレートで圧勝。王者の強さをいかんなく発揮したが、試合中にボールキッズを幻惑する“魔法のスライス”を放ち、ファンがどよめいた瞬間をATP中継サイト「テニスTV」が動画付きで紹介。海外ファンから「何!? 何が起きてるんだ!?」「視聴者もまとめてパニック」などと話題を呼んでいる。

ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

試合が止まった場面で放った一打が話題に…ファン「信じられないスライス」

 男子テニスのBNPパリバ・オープンは12日(日本時間13日)、シングルス3回戦で第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)がフィリップ・クライノビッチ(セルビア)に6-2、6-1のストレートで圧勝。王者の強さをいかんなく発揮したが、試合中にボールキッズを幻惑する“魔法のスライス”を放ち、ファンがどよめいた瞬間をATP中継サイト「テニスTV」が動画付きで紹介。海外ファンから「何!? 何が起きてるんだ!?」「視聴者もまとめてパニック」などと話題を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 まるでボールが生きているかのようだった。魅惑のテクニックを披露したのは、フェデラーのサービスの場面だった。

 サーブを放ったフェデラー。しかし、ネットに触れて入り、相手のクライノビッチもリターンしたが、レットがコールされた。ただ、フェデラーは集中を切らしておらず、返ってきたボールをバックハンドで打ち返した。ロブ気味のボールは相手コートに入ったため、右サイドからボールキッズが飛び出した。ところが、すぐに踵を返して戻ってしまった。次の瞬間だった。

 急激にバックスピンがかかっていたボールはあろうことか、一度バウンドすると、方向を変えて自陣へ。そして、そのままネットを越えて返ってきてしまったのだ。一気にどよめく会場。実況は思わず、笑い出してしまった。今度は自陣側のボールキッズが反対から飛び出し、回収していったが、フェデラーは冷静にその様子を横目で見守っていた。

「テニスTV」は一連の模様を「ロジャー・フェデラーのバックハンドスライス : 長年に渡り子供たちを困惑させるボール」と題し、公式ツイッターに動画付きで紹介。映像を観ると、フェデラーは強烈なスライスでボールにバックスピンをかけている。プレーが継続していれば、本来は相手を幻惑させる狙いがあったのだろう。映像を目の当たりにしたファンから続々と反響を呼んだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集