[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

真っ赤なトルソワ、3AなしでSP首位 米記者は進化実感「パワー向上」「バタつきない」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは23日(日本時間24日)、女子ショートプログラム(SP)でアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が77.69点を獲得し、首位に立った。3回転アクセルなしでの好演には米記者などから「素晴らしい芸術性」「パワーとエッジは確実に向上」などと称賛が寄せられている。

GP初戦スケートアメリカでSP首位に立ったアレクサンドラ・トルソワ【写真:AP】
GP初戦スケートアメリカでSP首位に立ったアレクサンドラ・トルソワ【写真:AP】

スケートアメリカ女子SPで自己ベストを記録

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは23日(日本時間24日)、女子ショートプログラム(SP)でアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が77.69点を獲得し、首位に立った。3回転アクセルなしでの好演には米記者などから「素晴らしい芸術性」「パワーとエッジは確実に向上」などと称賛が寄せられている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 赤い髪色に赤い衣装で、17歳トルソワが見事な滑りを披露した。体を柔らかく、大きく使って演技。冒頭の2回転アクセル、後半の3回転ルッツ―トウループの連続ジャンプを決めるなど、自己ベストを記録した。

 初戦で好発進を決めたトルソワ。五輪公式サイトは「トリプルアクセルを跳んでいないのにも関わらず、トルソワがSPで首位に立った」と記事で掲載。「3つの綺麗なジャンプ、そして素晴らしい芸術性で77.69点というトップスコアを残した。これにより、ダリア・ウサチョワとクセニア・シニツィナと共にロシアの1-2-3フィニッシュを形成した」と演技を称えた。

 また米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏も自身のツイッターで「彼女の試合を(ライブで)何年間か見ていなかったが、パワーとエッジは確実に向上していると感じる。このSPでそれを実現していた。ステップ・シークエンスもかつてのようにバタつくこともなかった」などと伝えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集