[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロ、井上尚弥らと次戦叶わず「動揺」と母国識者「ビッグファイト望みながら…」

ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は12月11日に同級1位ポール・バトラー(英国)との指名試合を行うと報じられている。約1170万円というファイトマネーの安さについて母国メディアに指摘されていたが、フィリピン識者は「入札額の安さのフラストレーションは不運なバトラーに注がれる」と分析している。

WBO世界バンタム級王者のジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
WBO世界バンタム級王者のジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

ファイトマネー1170万円で12月に指名試合を戦うカシメロ

 ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は12月11日に同級1位ポール・バトラー(英国)との指名試合を行うと報じられている。約1170万円というファイトマネーの安さについて母国メディアに指摘されていたが、フィリピン識者は「入札額の安さのフラストレーションは不運なバトラーに注がれる」と分析している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

「熟練のアナリストはジョンリエル・カシメロと対決で、ポール・バトラーの苦痛の終わりを予測」と見出しで特集したのはフィリピン地元メディア「GMAニュースオンライン」だった。今回のタイトルマッチは両陣営とは別のプロモーション会社「プロベラム」が興行権を手にしたが、両選手がファイトマネーとして分け合うことになる入札額について「わずか10万5000ドル(約1170万円)」と記事では報じている。

 記事によると、フィリピン人アナリスト、エド・トレンティーノ氏は「彼はノニト・ドネアとナオヤ・イノウエとのビッグファイトを切望しながら実現しなかったので、動揺している。安い入札額のフラストレーションはこの不運なバトラーに注がれることになる」と予想。ビッグマウスで井上とドネアを挑発していたカシメロだが、記事では「かなり格安の給料でバトラーとの対面を余儀なくされた」と分析している。

 一方、トレンティーノ氏はカシメロ優位について疑問の余地なしとみている様子だ。「ジョンリエル・カシメロはこのファイトで勝利する大本命だ。間違いなく、バトラーは優秀な元世界王者だが、彼のスタイルをみれば、カシメロにおあつらえむきだ」と断言。バトラーには2018年から2度しかKO勝利を記録していないデータから「バトラーにとってはパンチ力がネガティブ材料」と持論を展開していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集