[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前週Vの古江彩佳、米女子ツアー挑戦決めた経緯明かす「今しかない」「若い方がいい」

女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUP マスターズGCレディースは、21日から兵庫・マスターズGC(6571ヤード、パー72)で行われる。前週11か月ぶりの優勝を果たした古江彩佳(富士通)は20日の会見で、12月に開催される来季米女子ツアー最終予選会(Qスクール)受験を決意した経緯などを明かした。

来季米女子ツアー最終予選会(Qスクール)受験を決意した古江彩佳(9月17日撮影)【写真:Getty Images】
来季米女子ツアー最終予選会(Qスクール)受験を決意した古江彩佳(9月17日撮影)【写真:Getty Images】

前週の富士通レディースでは11か月振りの優勝

 女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUP マスターズGCレディースは、21日から兵庫・マスターズGC(6571ヤード、パー72)で行われる。前週11か月ぶりの優勝を果たした古江彩佳(富士通)は20日の会見で、12月に開催される来季米女子ツアー最終予選会(Qスクール)受験を決意した経緯などを明かした。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 古江は「今しかないと思いました」と言った。富士通レディースで11か月ぶりのツアー優勝を果たしてから一夜明け、自身で言及していなかった米女子ツアー挑戦が明るみになった。会見では決断までの経緯についての質問が相次ぎ、21歳は丁寧に答えた。

「(世界ランキングの順位で)ファイナルから受けられるチャンス。この順位は今しかないことかもと思いましたし、(経験するなら)若い方がいいというイメージで挑戦を決めました」

 8月9日時点で世界ランキング26位だった古江は、同75位以内に与えられる最終予選会からの出場資格を保持。エントリーの締め切りは米時間10月12日午後5時と設定されていたが、古江は「家族と話す中」で急きょ受験を決意。今年7月のメジャー大会、アムンディ・エビアン選手権で4位に入ったことなども、決断の後押しになったという。

「笹生優花に『こっちに来なよ』と言われたり、李知姫さんからも『若いときの方がいい』と言っていただきました」

 ただ、来季以降に米国に軸足を置くとは限らず、古江は「日本の試合も大切にしたいです」と言った。最終予選会は12月2~5日、9~12日の計8日間144ホール(各週4ラウンドの72ホール)の累積スコアで上位45位タイまでが来季の出場権を獲得するが、今季も国内ツアー最終戦のJLPGAツアー選手権リコー杯(11月25~28日、宮崎CC)まで出場することを明言した。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集