[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“大人っぽい”日本の子供と自主性の欠如 欧州に比べて足りない「自己評価」する環境

日本の子供たちって大人びるのが早いけど、なかなか大人になれなかったりしませんか?

日本と欧州では子供の感情表現にも違いが見られる【写真:Getty Images】
日本と欧州では子供の感情表現にも違いが見られる【写真:Getty Images】

【ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」】少し冷めている日本の子供と感情むき出しの欧州の子供

 日本の子供たちって大人びるのが早いけど、なかなか大人になれなかったりしませんか?

 単純な比較をしたところで、それぞれの国における社会の受け止め方や常識とされていることが違うから、あくまでも傾向でしかないかもしれないが、例えば12歳の子供を見てみると、日本だと少し冷めているというか、感情を表に出そうとしないようにして、それがスマートでカッコいいという風潮がなきにしもあらずという印象を受ける。

 欧州の同年代の子供たちを見ると、もっと子供っぽいというか、感情むき出しになる瞬間が多いし、特にスポーツの世界ではそうだ。それにはネガティブな面もあるし、いちいちイライラしてケンカになったりすることもあるけど、上手くいってゴールを決めたりしたら本当に感情を爆発させてみんなで大喜びする。

 興味深いのは、そうした環境で育った子供たちは年齢を重ねるにつれて分別がつくようになり、理性的な判断ができるようになることで、自分が今何をすべきかを判断して、その時に必要なことを考慮して、人間関係も上手く距離を取りながらコミュニケーションを図っていくというのが上手くなっていく。それでいて感情を出して楽しむ時は、それこそ子供のようにはしゃぐ。

 一方で日本だと大学生でも自分がすべきことを自分で見出して、やるべきことを探して、自分の言葉で話して、自分の足で歩こうとする人がそこまで多くはないのではないだろうか。

 ドイツへ指導者研修に来た日本の指導者の方が、ドイツの大学生が自分の言葉でクラブの哲学について、よどみなく話している様子を見て驚かれていたことがあるのだが、そこで大きな差が生まれてしまうのはなぜなのだろう?

 日本で長く育成指導者をしている友人は、「大人が『子供たちに大人のように振る舞ってほしい』ことを求めるから、必然的に大人っぽくなるのかな。例えば中学生が修学旅行のグループ分けとかをすると、それこそ24時間一緒にいなければならないので、すごくもめるんです。学校だけの付き合いだと表面的な仲良しのふりをしていたら大丈夫。でも24時間一緒となると、そういうわけではなくて、でも本当に深いところで付き合うことができないので、すごくもめたりします」

1 2

中野 吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集