[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ、母国ファンも怒り爆発「言い訳無用だ。無責任男」「メキシコボクシングの恥」

ボクシングのWBC世界バンタム級タイトル戦で、挑戦者の前王者・山中慎介(帝拳)と戦う王者ルイス・ネリ(メキシコ)が2度の計量でリミットをオーバーし、王座剥奪が決まった。ネリの地元メキシコのテレビ局は、2度目の計量をパスできず、ぐったりと憔悴する動画を公開。しかし、映像を観た地元ファンから「言い訳無用だ。無責任男」「メキシコボクシングの何という恥」と怒りの声が上がっている。

山中慎介は無事パスするも…【写真:Getty Images】
山中慎介は無事パスするも…【写真:Getty Images】

重量超過で王座剥奪…母国TV局が“ぐったり憔悴”動画公開も…ファン「なんて愚か」

 ボクシングのWBC世界バンタム級タイトル戦で、挑戦者の前王者・山中慎介(帝拳)と戦う王者ルイス・ネリ(メキシコ)が2度の計量でリミットをオーバーし、王座剥奪が決まった。ネリの地元メキシコのテレビ局は、2度目の計量をパスできず、ぐったりと憔悴する動画を公開。しかし、映像を観た地元ファンから「言い訳無用だ。無責任男」「メキシコボクシングの何という恥」と怒りの声が上がっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 ネリの地元メキシコのテレビ局「アステカ」は公式ツイッターで2度目の軽量失敗直後に憔悴するネリを紹介。「ルイス・豹・ネリは計量でWBC世界バンタム級タイトルを失う。メキシコ人は減量できなかった。ホルヘ・アルセが不運な失敗後、慰めようとする」というメッセージとともに、44秒の動画を公開した。

 計量会場で白いタオルで身体を覆い、椅子に座り込んだネリ。無数のカメラのフラッシュを浴びせられ、机に突っ伏して完全に疲れ果てた様子だ。ようやく顔を上げ、左手でコップを握り、水分補給したが、すぐさま自ら腕枕をした状態で目を瞑り、取り囲んだトレーナーなど4人の関係者の問いかけに応じるのが精一杯。2度目の計量に向け、追い込んだ代償は大きかったようだ。

 山中は53.3キロでパスしたが、ネリは1度目で55.8キロで再計量に。2度目も54.8キロで規定の53.5キロをクリアできなかった。戦わずして王座剥奪が決まり、メキシコのボクシングファンは減量失敗という結末に怒りを爆発させていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集