[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、1日4四球に“バット投げ” SNSブーイング「そりゃ放り投げたくなるわ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地アストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場したたが、延長10回に2打席連続の申告敬遠で歩かされた。カウント2ボールからの相手の選択にバットをくるりと投げてキャッチ。リアクションシーンの動画を米メディアが公開すると、日本のファンから「そりゃ放り投げたくなるわ」「もうバットは必要ない」と反応が集まっている。

アストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
アストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平が1日4四球で見せたリアクションとは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地アストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場したたが、延長10回に2打席連続の申告敬遠で歩かされた。カウント2ボールからの相手の選択にバットをくるりと投げてキャッチ。リアクションシーンの動画を米メディアが公開すると、日本のファンから「そりゃ放り投げたくなるわ」「もうバットは必要ない」と反応が集まっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 どんな心境なのか。大谷は初回、4回と2打席連続で四球。7回、延長10回も申告敬遠で歩かされた。最後は勝負途中の2ボールから相手ベンチが指示した。場内は大ブーイングだ。大谷はバットをひょいっと放り投げ、1回転させてキャッチ。笑顔でバットボーイに用具を渡し、一塁に向かった。

 動画を公開した米ロサンゼルス地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」は、文面に「頼むよ、ダスティ!」とつづり、敵将のダスティ・ベイカー監督に投げかけ。あくまで大谷は爽やかな笑顔を浮かべていたが、コメント欄では日本人ファンから「信じられない」「そりゃバット放り投げたくなるわ」「こうやって平気そうに笑顔見せてる時も、心の中は煮えくり返ってるんやろな」「もうバットは必要ない。馬鹿馬鹿しい」「戦術とはいえそらブーイングだわ」といった内容の声が上がっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集