[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • GPシリーズ初戦に挑む宇野昌磨に海外メディアも注目「ジャンプの怪物」

GPシリーズ初戦に挑む宇野昌磨に海外メディアも注目「ジャンプの怪物」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦のスケートアメリカが21日(日本時間22日)に開幕。22日(同23日)の男子ショートプログラム(SP)で登場する宇野昌磨(中京大)は海外でも注目を浴びている。

20161022_uno

金博洋の“最大の障壁”、宇野は「技術面&芸術性で進化続ける」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦のスケートアメリカが21日(日本時間22日)に開幕。22日(同23日)の男子ショートプログラム(SP)で登場する宇野昌磨(中京大)は海外でも注目を浴びている。

 カナダのテレビ局「CBC」電子版は「スケートアメリカ ジャンプの怪物がグランプリ初戦でフライトする」との見出しで特集記事を掲載。2016年世界選手権3位の19歳、金博洋(中国)のライバルとして取り上げられている。

 記事では金について「公式戦で4回転ルッツ-3回転トウループを成功させた初めての男」と紹介し、その19歳の最大の障壁として「日本のジャンプの怪物、ショウマ・ウノだ」とレポートしている。

 宇野がシニアデビューとなった2015-2016シーズンでいきなりブレークしたことに触れ、GPシリーズ初戦のスケートアメリカで2位、フランス杯で優勝、さらにGPファイナルで銅メダルを獲得したことを紹介。「技術面のみならず、芸術性も進化を続けている」とその演技を高く評価している。

 シニア参戦2シーズン目となる18歳はスケートアメリカで昨年の2位を上回り、栄冠を手にできるか。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー