[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悔しい自己最高の3位 22歳山路晶は初V届かず「もったいない部分いっぱい。難しい」

女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディス最終日が29日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)で行われた。2位で出たツアー未勝利の22歳・山路晶(森六グループ)は4バーディー、5ボギーの73で回り、通算12アンダーで首位と4打差の3位。自己最高位となったが、1998年度生まれの黄金世代10人目の優勝には届かなかった。稲見萌寧(都築電気)が16アンダーで逆転優勝。

通算12アンダーで首位と4打差の3位となった山路晶【写真:浜田洋平】
通算12アンダーで首位と4打差の3位となった山路晶【写真:浜田洋平】

ニトリレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディス最終日が29日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)で行われた。2位で出たツアー未勝利の22歳・山路晶(森六グループ)は4バーディー、5ボギーの73で回り、通算12アンダーで首位と4打差の3位。自己最高位となったが、1998年度生まれの黄金世代10人目の優勝には届かなかった。稲見萌寧(都築電気)が16アンダーで逆転優勝。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 山路はヨネックスレディス以来2か月半ぶりの最終日最終組。前回は1つ落として9位に終わり、今回も初優勝に届かなかった。1、6、10番でバーディーを奪ったが、いずれも直後のホールでボギー。リズムに乗れない展開が続いた。第3日終了後に「常に優勝を目指している」と話していただけに悔しい自己最高位。優勝争いをこう振り返った。

「もったいないところがいっぱいあった。やっぱりアプローチ、パットが今日は良くなかった。風が吹くと結構ティーショットとかも大事になってくるので、そこが今日はダメだったと思う。難しかったですね」

 渋野日向子らと同じ1998年度生まれの黄金世代だが、ストレートでプロテストに合格した勝みなみ、新垣比菜らより2年遅い2019年の合格。ルーキーイヤーの昨年は最高4位に入った。今年はトップ10が5度。今季のドライバー平均飛距離255.42ヤードは全体4位の飛ばし屋で、イーグル数10はトップだった。

 5月のリゾートトラストレディスでは第2日に1日2度のホールインワン。ツアー史上初の快挙を達成した。周囲には祝福されたが、2打足りずに75位で予選落ち。今後に向けて「昨日、一昨日みたいにいっぱいバーディーを獲って攻めのプレーをずっとやっていけたらなと思います。次に生かせたら」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集