[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧の強さを目の当たり 同組の3位堀琴音「勝つ人はこういう人。凄く悔しい」

女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディス最終日が29日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)で行われた。5位で出た25歳の堀琴音(ダイセル)は3バーディー、1ボギーの70で回り、通算12アンダーで首位と4打差の3位。1か月半ぶりのツアー通算2勝目はならなかった。東京五輪銀メダルの稲見萌寧(都築電気)が16アンダーで逆転優勝。

稲見萌寧(右)と同組で回った堀琴音【写真:浜田洋平】
稲見萌寧(右)と同組で回った堀琴音【写真:浜田洋平】

ニトリレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディス最終日が29日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)で行われた。5位で出た25歳の堀琴音(ダイセル)は3バーディー、1ボギーの70で回り、通算12アンダーで首位と4打差の3位。1か月半ぶりのツアー通算2勝目はならなかった。東京五輪銀メダルの稲見萌寧(都築電気)が16アンダーで逆転優勝。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 堀は4番でバーディーを奪うと、9番パー4の第2打は残り98ヤードから50センチ弱につけて伸ばした。優勝争いに加わったが、最終18番でボギー。稲見には届かず「もうちょっとパットが入ればなという感じでした。何個かチャンスを逃したので、もうちょっと決まってくれればよかった。パーパットも外したし、今日のラウンドは悔しい」と唇をかんだ。

 今週はかつて組んでいた大溝雅教キャディーと1年ぶりにタッグを結成。第3日は64で回り、パー73のツアー新記録(1988年のツアー制施行後)をつくった。小樽CCは2014年のプロテスト合格後から苦戦してきた難コース。「得意じゃないコース。でも、レコードも出した」と自信を深めた。

 一緒に回った稲見の強さを実感した。「萌寧ちゃんはショットが凄く安定して全然曲がらない。パットも凄い決まっていた」と印象を吐露。3打差を逆転してシーズン7勝目を挙げた22歳に対し「勝つ人はこういう人なんだなと思いました。凄い悔しいです」とした。

 2016年は賞金ランク11位に入るなど活躍したが、18年は同114位でシード権を喪失した。それでも、今年7月のニッポンハム・レディスで悲願の初優勝を挙げ、姉・奈津佳に続く姉妹優勝を達成。次戦は2週間後の国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯だ。「早く2勝目もしたい。2勝目がメジャーなら最高。来週は休みますが、練習をしっかりしていきたい」と気持ちを切り替えた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集