[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 小平奈緒、五輪新で悲願の金メダル! 無敵の25連勝で“最速女王”の座に

小平奈緒、五輪新で悲願の金メダル! 無敵の25連勝で“最速女王”の座に

平昌五輪は18日、スピードスケート女子500メートルが江陵アイスアリーナで行われ、小平奈緒(相沢病院)が五輪新記録の36秒94で優勝。自身3度目の五輪で悲願の金メダルを手にした。銀メダルはイ・サンファ(韓国)。銅はカロリナ・エルバノバ(チェコ)。郷亜里砂(イヨテツク)は37秒67で8位入賞。神谷衣理那(高堂建設)は13位。

小平奈緒【写真:Getty Images】
小平奈緒【写真:Getty Images】

小平の金メダルで今大会合計10個目 冬季史上最多だった1998年長野五輪に並ぶ

 平昌五輪は18日、スピードスケート女子500メートルが江陵アイスアリーナで行われ、小平奈緒(相沢病院)が五輪新記録の36秒94で優勝。自身3度目の五輪で悲願の金メダルを手にした。銀メダルはイ・サンファ(韓国)。銅はカロリナ・エルバノバ(チェコ)。郷亜里砂(イヨテツク)は37秒67で8位入賞。神谷衣理那(高堂建設)は13位。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 日本勢の金メダルは前日(17日)のフィギュアスケート男子シングルの羽生結弦(ANA)に続いて2個目で、スピードスケート女子の金メダル獲得は史上初の快挙。今大会10個目のメダル獲得で、1998年の長野五輪に並ぶ冬季五輪史上最多タイとなった。

 小平は14組のインコースでエルバノバと滑り、最初の100メートル10秒26と抜群のスタート。最後まで加速し、五輪新記録の36秒94のタイムでトップに立つと、続く15組で滑った最大のライバル、五輪連覇中で世界記録保持者のイ・サンファは37秒33で、小平が上回った。

 悲願をかなえた。23歳で出場した2010年のバンクーバー五輪、女子団体パシュートで銀メダルを獲得。しかし個人種目ではメダルには届かなかった。14年のソチ五輪も女子500メートルの5位が最高だった。ソチ五輪後に、単身で“氷の強国”オランダに渡り、スピードを磨きなおした。トレーニングの強度を増し、食習慣も見直したという。

 2016年10月からこのレースまでに、W杯15連勝を含め、国内外のレースで負けなしの24連勝。この種目で絶対的な存在として、3度目の五輪へ挑んだ。1500メートルで6位、1000メートルでは銀メダル、順調にステップを踏み、大本命の500メートルで地元・韓国のライバルを破り、頂点へ駆け上がった。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー