[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 宇野昌磨、米美女スケーターが“Shoma愛”炸裂のエールが話題「お願い、輝いて」

宇野昌磨、米美女スケーターが“Shoma愛”炸裂のエールが話題「お願い、輝いて」

平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点を獲得。宇野昌磨(トヨタ自動車)も306.90点で銀メダルを獲得し、日本フィギュア史上初のダブル表彰台に貢献した。恐れ知らずの強心臓ぶりを発揮した20歳に対し、ソチ五輪団体戦銅メダリストの美女スケーターが“Shoma愛”を炸裂させ、話題を呼んでいる。

銀メダルを獲得した宇野昌磨【写真:Getty Images】
銀メダルを獲得した宇野昌磨【写真:Getty Images】

ソチ五輪銅ワグナーが熱烈ツイート「みんな、私のショーマへの愛を知っているわね」

 平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は206.17点をマークし、合計317.85点を獲得。宇野昌磨(トヨタ自動車)も306.90点で銀メダルを獲得し、日本フィギュア史上初のダブル表彰台に貢献した。恐れ知らずの強心臓ぶりを発揮した20歳に対し、ソチ五輪団体戦銅メダリストの美女スケーターが“Shoma愛”を炸裂させ、話題を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ベビーフェイスの19歳が、恐れることなく、己を貫いた。トリノ五輪で荒川静香が金メダルを獲得した名曲「トゥーランドット」に調べに身を委ねた宇野。冒頭の4回転ループで転倒したが、そこから崩れなかった。続く4回転フリップの着氷を決め、力強く演技を締めくくった。

 羽生にこそ届かなかったが、合計306.90点をマークし、銀メダルを獲得。そんな宇野の躍動を見守っていたのは、ソチ五輪団体戦銅メダリストのアシュリー・ワグナー(米国)。自身のツイッターで実況解説を続け、最終滑走で宇野の出番を迎えると気分が盛り上がったようだ。

「みんな、私のショーマへの愛を知っているわね」とつぶやくと、海外のファンは「私も」「同感」「固唾をのんでいます」と次々に賛同の声が。そして、演技中も熱いメッセージは続いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー