[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、世界のスケーターに広がる感動の輪「まさに傑作!」「寒気すら感じた」

羽生結弦、世界のスケーターに広がる感動の輪「まさに傑作!」「寒気すら感じた」

平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点をマークし、堂々の首位発進となった。118日ぶりの復帰戦で圧巻の演技を披露した王者に対し、世界の新旧スケーターから「スポーツ界のマスター」「これはまさに傑作!」「神よ、寒気すら感じたわ」という声がSNS上で広がっている。

SP首位発進の羽生結弦【写真:Getty Images】
SP首位発進の羽生結弦【写真:Getty Images】

圧巻の復活劇、“最後の連覇”バトン氏ら称賛続々「スポーツ界のマスターだ」

 平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点をマークし、堂々の首位発進となった。118日ぶりの復帰戦で圧巻の演技を披露した王者に対し、世界の新旧スケーターから「スポーツ界のマスター」「これはまさに傑作!」「神よ、寒気すら感じたわ」という声がSNS上で広がっている。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

 観る者すべてを魅了する舞いだった。昨年11月、練習中に右足首を痛めた羽生。GPファイナル、全日本選手権を欠場し、今大会も団体戦も回避し、ぶっつけ本番で挑んだ。しかし、冒頭の4回転サルコーを完璧に決めるなど、沸き上がる拍手に合わせ、いつもの王者らしい華麗な演技を披露。111.68点で堂々の首位発進。すると、SNS上で世界の新旧スターから唸る声が上がった。

 羽生が目指す五輪連覇を1952年に最後に達成したディック・バトン氏(米国)は「4回転より重視されないが、美しいスピン」「最上級のトリプルアクセル」「凄まじいコンビ。エッジングもファンタスティック」「美しいプログラム、美しい振り付け」と非の打ち所のない演技を高く評価した。

 14年ソチ五輪団体戦銅メダリストのジェレミー・アボット氏(米国)は「んーーーー、怪我って何だ!?ユヅが五輪王者であることを示した。あまりに簡単であるようにやってのける。スポーツ界のマスターだ」と感嘆した。06年世界選手権女王でトリノ五輪6位キミー・マイズナー氏は「これはまさに傑作! おお神よ、寒気すら感じたわ」と敬服している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー