[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 金メダル候補チェン、まさかの17位でV絶望的 米落胆「メダルの希望は終わった」

金メダル候補チェン、まさかの17位でV絶望的 米落胆「メダルの希望は終わった」

平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点をマークし、首位発進。一方、金メダルの最大のライバルと目されたグランプリ(GP)ファイナル覇者の18歳ネイサン・チェン(米国)は、すべてのジャンプでミスが出て82.27点。まさかの17位発進となり、金メダルは絶望的となった。米メディアは「メダルの希望は終わった」「史上最も辛い夜を迎えた」と落胆している。

ネイサン・チェン【写真:Getty Images】
ネイサン・チェン【写真:Getty Images】

羽生最大の宿敵、全ジャンプミスで約30点差…米メディア「最も過酷な夜をもたらした」

 平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点をマークし、首位発進。一方、金メダルの最大のライバルと目されたグランプリ(GP)ファイナル覇者の18歳ネイサン・チェン(米国)は、すべてのジャンプでミスが出て82.27点。まさかの17位発進となり、金メダルは絶望的となった。米メディアは「メダルの希望は終わった」「史上最も辛い夜を迎えた」と落胆している。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 羽生の名演技に沸いていた江陵アイスアリーナが凍りついた。金メダル候補の一角として期待されていたチェンは羽生に続く、26番目に登場した。

「彼の後に滑った後は、いいスケートができている。観衆はいつもスーパーなほどに盛り上がっているから、自分のアドバンテージを手にしているんだ」

 前日会見でこう語っていた18歳の若武者は、昨年10月のGPシリーズ・ロシア杯で羽生を破って優勝。今季は無敗でGPファイナル、全米選手権を制し、羽生の最大のライバルとみられていた。

 しかし、転倒が続いた団体戦SPの悪い流れを断ち切れず、冒頭の4回転ルッツで転倒。すべてのジャンプでミスが出た。呆然の氷上で腰に手を当てたチェン。羽生と30点近く離され、まさかの17位発進になった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー