[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、演技後の“大雨”に海外メディア注目「プーさんの洪水が押し寄せた」

羽生結弦、演技後の“大雨”に海外メディア注目「プーさんの洪水が押し寄せた」

平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの五輪連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点をマーク。右足首の故障からぶっつけで挑んだ大一番で完璧な演技を披露し、首位に立った。海外メディアは演技後、客席のファンが次々に投げ込んだ「くまのプーさん」に注目。「プーさんの洪水が氷上に押し寄せた」と報じている。

SP首位発進の羽生結弦【写真:Getty Images】
SP首位発進の羽生結弦【写真:Getty Images】

いったい何個? 銀盤を黄色く染めた“風物詩”に米メディア脚光

 平昌五輪は16日、フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)が行われ、66年ぶりの五輪連覇を目指すソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ANA)は111.68点をマーク。右足首の故障からぶっつけで挑んだ大一番で完璧な演技を披露し、首位に立った。海外メディアは演技後、客席のファンが次々に投げ込んだ「くまのプーさん」に注目。「プーさんの洪水が氷上に押し寄せた」と報じている。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 銀盤が一瞬にして黄色く染まった。昨年11月、練習中に右足首を痛めた羽生。GPファイナル、全日本選手権を欠場し、今大会も団体戦も回避し、ぶっつけ本番で挑んだ。しかし、冒頭の4回転サルコーを完璧に決めるなど、沸き上がる拍手に合わせ、いつもの王者らしい華麗な舞いを披露。111.68点で堂々の首位発進となった。

 米地元紙「ニューヨークタイムズ」は白熱のSPの速報。「ユヅル・ハニュウがルーティンを大成功」と紹介し、演技については「勇敢なことに、彼はプログラム後半まで4回転―3回転のコンビネーションを温存していた。多くのスケーターはヘトヘトに疲れ切っている状態で、だ。そして、彼は完璧に決めてみせた。センセーショナルなパフォーマンスだ」と手放しで絶賛している。

 そして、観衆に優雅なお辞儀を決めた後、観衆が次々に投げ込んだ「くまのプーさん」のぬいぐるみに注目した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー