[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ママさんVの若林舞衣子、2歳の愛息抱き感激「息子の存在大きい」 Vの瞬間は夢の中

女子ゴルフの国内ツアー・GMO&サマンサカップ最終日が18日、茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)で行われ、1打差の2位で出た33歳の“ママさんゴルファー”若林舞衣子(ヨネックス)が5バーディー、2ボギーの69。通算15アンダーで並んだ野澤真央(愛知製鋼)とのプレーオフを2ホール目で制し、逆転優勝した。2019年4月の出産後初の優勝となり、17年3月以来約4年4か月ぶりのツアー通算4勝目を挙げた。観衆は1156人。

出産後初V後、長男・龍之介君を抱っこし撮影に応じる若林舞衣子【写真:Getty Images】
出産後初V後、長男・龍之介君を抱っこし撮影に応じる若林舞衣子【写真:Getty Images】

国内ツアー・GMO&サマンサカップ

 女子ゴルフの国内ツアー・GMO&サマンサカップ最終日が18日、茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)で行われ、1打差の2位で出た33歳の“ママさんゴルファー”若林舞衣子(ヨネックス)が5バーディー、2ボギーの69。通算15アンダーで並んだ野澤真央(愛知製鋼)とのプレーオフを2ホール目で制し、逆転優勝した。2019年4月の出産後初の優勝となり、17年3月以来約4年4か月ぶりのツアー通算4勝目を挙げた。観衆は1156人。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 若林は1番でバーディー発進すると、6番でも1つ伸ばした。10番でバーディーを奪い、2015年申ジエ(韓国)を上回る82ホール連続ボギーなしのツアー新記録を打ち立てた。12番でもロングパットを決めるバーディー。13番も下りのバーディーパットを決めた。14番で1つ落とすまで85ホール連続ボギーなし。18番のボギーでプレーオフにもつれ込んだが、なんとか勝ち切った。

 優勝インタビューでは、ボギーとなった18番について「自分じゃないような、体が思うように動かなかった」と振り返った若林。85ホール連続ボギーなしのツアー新記録について問われると「えー、そうなんですか! うれしいです。知らなかったので、びっくりです」と驚いた。前週はプレーオフで敗れており、「先週は堀(琴音)さんの強い気持ちに私が負けたと思っていた。弱い自分に負けたくない、絶対勝つと思ってやっていた」。

 18年11月から産休制度を利用し、19年4月に第一子の長男・龍之介君を出産。姉や会社員の夫のサポートを受けながら昨年6月の20-21年シーズン開幕戦からツアーに復帰した。1988年のツアー制施行後、出産後に優勝したのは森口祐子、樋口久子、木村敏美、山岡明美、塩谷育代の5人。07年に復帰後10勝目を挙げた木村が最後の「ママさんV」だった。若林は14年ぶりとなった。

 この日は2歳の龍之介君が初めて応援に駆け付けた中でママの強さを見せた。優勝の瞬間、愛息は夢の中だったようだが、その後、胸に抱いて感激の表情を見せた若林。「父と姉と息子と主人と、みんなで応援に来ていたので、優勝できて本当にうれしい。息子の存在は大きいし、家族のサポートないとここには絶対に立ててない。感謝の気持ちひとつです」と感謝し、感極まって涙を浮かべるシーンもあった。

 6月最終週のアース・モンダミンカップ最終日に母が死去。最期を看取ることができず「自分のゴルフだけは後悔しないように自分を信じてプレーしよう」と決意した。「灼熱の中、私も気が遠くなりそうになった。最後まで応援してくれてありがとうございました」とファンに感謝した若林は「優勝できたんですが、この優勝に満足することなく、常に自分に挑戦し続けていきたい」と躍進を誓った。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集