[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“ママさん”若林舞衣子が「63」で首位 6月末に亡くなった母へ誓い「後悔しないよう」

女子ゴルフの国内ツアー・GMO&サマンサカップが16日、茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)で開幕した。ツアー通算3勝の“ママさんゴルファー”若林舞衣子(ヨネックス)が9バーディー、ボギーなしの大会コースレコード63で回り、野澤真央(愛知製鋼)、濱田茉優(伊藤園)と並ぶ9アンダー。ホールアウト時点で暫定首位発進を決めた。

大会コースレコード63で回り、ホールアウト時点で暫定首位発進を決めた若林舞衣子【写真:Getty Images】
大会コースレコード63で回り、ホールアウト時点で暫定首位発進を決めた若林舞衣子【写真:Getty Images】

GMO&サマンサカップが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・GMO&サマンサカップが16日、茨城・イーグルポイントGC(6657ヤード、パー72)で開幕した。ツアー通算3勝の“ママさんゴルファー”若林舞衣子(ヨネックス)が9バーディー、ボギーなしの大会コースレコード63で回り、野澤真央(愛知製鋼)、濱田茉優(伊藤園)と並ぶ9アンダー。ホールアウト時点で暫定首位発進を決めた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 気温30度を超える暑さの中、若林は出だしの1番でバーディー発進。3、4番でも伸ばすと、6番から怒涛の5連続バーディーを奪ってみせた。14番もバーディー。ショット、パットともに冴えわたり、大会コースレコードとした。

「本当に暑かったです(笑)。前半はショットが切れていて思ったところに打てた。ショットもパットもよくかみ合った日だと思います。(大会コースレコードは)知らなかったです。パットは先週に続いてよく入ってくれる。目の前の一打に集中できている。5連続バーディーでも意識せず回っていました」

 2018年11月から産休制度を利用し、19年4月に第一子となる長男を出産した33歳。姉や会社員の夫のサポートを受けながら昨年6月の20-21年シーズン開幕戦からツアーに復帰した。復帰に向けてスイング改造に挑戦して飛距離がアップ。前週は堀琴音(ダイセル)とのプレーオフに敗れ、2位で悔し涙を流した。

「私は4日間いいプレーしたし、堀さんが本当によかった。(この日は)ショットは朝に比べると後半はキレがなくなって疲れが出ている。暑さ対策として日陰を歩くようにしたり、常に日傘を差したり、水分を摂ったりしました」

 6月最終週のアース・モンダミンカップ最終日に母が死去。「特定疾患にもなっている難病。幼い頃から付き合ってきたそうです」。以前から入退院を繰り返しており、今年はコロナ禍で面会も簡単にはできなかった。ようやく面会できたのは亡くなる3日前。地元・新潟の病院に駆け付け「寝たきりで本当に危ないかもしれないと聞きました」。最終日は姉から「心拍が下がっている」と聞いてスタート。プレー中は「怖くて携帯を見られなかった」とラウンド後に亡くなったことを知った。

 母への想いを問われると、声を詰まらせながら涙を流した。

「ホールアウトした後に新潟に行って葬儀に参列しました。やっぱり……会いに行けなかったのが本当に後悔していることなので、自分のゴルフだけは後悔しないように自分を信じてプレーしようと決めました」

 17年3月以来、約4年4か月ぶりの4勝目がかかっている。勝てば1988年のツアー制施行後では6人目の“ママさんV”だ。今大会は有観客で2歳の長男が初めて生観戦。「朝の練習場から『ママ、ママ』と言ってくれた。スタートホール、上がる時は近くにいてくれた。力をもらいます。悔いのないように一つ一つ攻めていくゴルフができたら」と全力プレーを誓った。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集