[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 高木美帆はメダルならず スピードスケート3000m

高木美帆はメダルならず スピードスケート3000m

平昌五輪スピードスケート女子3000メートルが10日、江陵オーバルで行われ、中長距離のエース・高木美帆(日体大助手)が4分1秒35、残り2選手で暫定4位となり、15歳で初出場したバンクーバー以来、2度目の五輪で悲願のメダル獲得は持ち越しとなった。

高木美帆【写真:Getty Images】
高木美帆【写真:Getty Images】

8年ぶり2度目の五輪でメダル獲得は持ち越し

 平昌五輪スピードスケート女子3000メートルが10日、江陵オーバルで行われ、中長距離のエース・高木美帆(日体大助手)が4分1秒35、残り2選手で暫定4位となり、15歳で初出場したバンクーバー以来、2度目の五輪で悲願のメダル獲得は持ち越しとなった。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 高木はバンクーバー五輪に15歳で出場し、“天才少女”と呼ばれたが、2014年のソチ五輪は代表選考会で結果を残せずまさかの落選。どん底から這い上がっての五輪だったが、3000メートルでのメダル獲得はならなかった。

 高木はオールラウンダーだが、本命は12日に行われる1500メートル。またチームパシュート(団体追い抜き)でも金メダルの最有力候補に挙がっている。このあとのメダル獲得に期待したいところだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー