[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ロベカル級の衝撃!? 35mの「1.1秒ロケットFK弾」に感嘆「モンスターがハントした」

ロベカル級の衝撃!? 35mの「1.1秒ロケットFK弾」に感嘆「モンスターがハントした」

海外サッカーで、約35メートルの位置のFKから、圧巻の「左足ロケット弾」が炸裂。元ブラジル代表DFロベルト・カルロスばり強烈ゴラッソの瞬間を、FOXスポーツブラジル版インスタグラムが「なんてシュートなんだ」と動画付きで紹介すると「モンスターがハントした」「大砲だ。それ以外に例えようがない」「ロベルト・カルロススタイルだ」と反響を呼んでいる。

現在バンフィエルドに所属しているMFヘスス・ダトロ【写真:Getty Images】
現在バンフィエルドに所属しているMFヘスス・ダトロ【写真:Getty Images】

「悪魔の左足」ばりの強烈FK弾に反響「大砲だ。それ以外に例えようがない」

 海外サッカーで、約35メートルの位置のFKから、圧巻の「左足ロケット弾」が炸裂。元ブラジル代表DFロベルト・カルロスばり強烈ゴラッソの瞬間を、FOXスポーツブラジル版インスタグラムが「なんてシュートなんだ」と動画付きで紹介すると「モンスターがハントした」「大砲だ。それ以外に例えようがない」「ロベルト・カルロススタイルだ」と反響を呼んでいる。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 左足一閃――。空気を切り裂くようなロケット砲でファインゴールを決めたのは、バンフィエルドMFヘスス・ダトロだ。

 7日(日本時間8日)のコパ・リベルタドーレス2回戦、第2試合インデペンディエンテ戦、前半24分だった。ゴール前中央やや右、35メートルと離れた位置のFKだった。キッカーに立ったのはダトロ。ボールから5メートル以上距離を取り、長い助走を取った。そして、小刻みにステップを踏み、徐々に勢いを上げて踏み込み、利き足の左足で振り抜いた次の瞬間だった。

 3枚の壁をすり抜けるように放たれたシュートは凄まじいスピードでゴールへ。ほぼストレートの軌道を描きながら、全く沈むことなくファーサイドの枠を捉えた。一瞬、逆を突かれたGKは懸命に反応し、ジャンプしたが届かず。ボールは伸び上がるようにしして、そのままネットに突き刺さった。

 圧巻のスーパーFKに一気に熱狂に沸くスタジアム。大盛り上がりのファン以上に大興奮となったは、誰よりもダトロだった。ベンチに向かって両手を挙げながら駆け出し、雄たけびを上げ、控えメンバーにもみくちゃにされた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー