[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • キム・ヨナ登場? 極寒の開会式、“真の目玉”に韓国紙も注目「最終走者は秘密!」

キム・ヨナ登場? 極寒の開会式、“真の目玉”に韓国紙も注目「最終走者は秘密!」

平昌五輪は9日に開会式が行われる。氷点下が見込まれる寒さが脚光を浴びてきたが、17日間の幕開けを告げる式典で“真の目玉”は、2018キロをつないできた聖火リレーの最終ランナーだ。韓国紙「文化日報」は「最終走者・点火方式は秘密!」としている。

ギリシャで受け取った聖火を手に韓国に降り立つキム・ヨナ【写真:Getty Images】
ギリシャで受け取った聖火を手に韓国に降り立つキム・ヨナ【写真:Getty Images】

氷点下の寒さが話題も…聖火リレーの最終走者はトップシークレットのまま

 平昌五輪は9日に開会式が行われる。氷点下が見込まれる寒さが脚光を浴びてきたが、17日間の幕開けを告げる式典で“真の目玉”は、2018キロをつないできた聖火リレーの最終ランナーだ。韓国紙「文化日報」は「最終走者・点火方式は秘密!」としている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 記事では前日8日に聖火が氷系の競技が行われる「江陵オリンピックパーク」がある江陵に到着し、9日午後8時から行われる開会式で聖火台に点火されることを紹介している。

「9日の聖火リレーには、2016年リオデジャネイロ五輪のアーチェリー代表のチャン・ヘジン、キ・ボベ、チェ・ミソンが参加して代表チームの善戦を祈る計画だ」と言及。母国で人気を誇るオリンピアンが登場するが、注目は最終ランナーだ。

 記事では「聖火台に点火する最終走者と点火方式は公開されなかった」と紹介。トップシークレットのまま、全世界が注目する前で登場することになる。

 国民的人気を誇るフィギュアスケートのバンクーバー五輪金メダリスト、キム・ヨナの名前が有力視されているが、果たして――。

 記事で「『みんなを明るくする花火』をスローガンに101日間のリレー走者は、7500人が2018キロを走った」と伝えたクライマックスは、大きな注目となりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー