[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が「PFPのNo.1」 WBSS主催者がカネロより上に評価する“ボクシングIQ”

ボクシングのWBAスーパー&IBFバンタム級世界王者・井上尚弥(大橋)が世界的に一気に知名度を高めた舞台として知られるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)。今年秋にシーズン3の開催が決まったWBSSのプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏が「THE ANSWER」の単独インタビューに応じ、「イノウエがパウンド・フォー・パウンド(PFP)のナンバーワン」と断言。海外メディアでトップ評価される4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が1位に君臨する現状に持論を展開している。(取材・THE ANSWER編集部)

6月19日(日本時間6月20日)、マイケル・ダスマリナスにTKO勝ちした井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images】
6月19日(日本時間6月20日)、マイケル・ダスマリナスにTKO勝ちした井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images】

WBSSプロモーター、カレ・ザワーランド氏をインタビューvol.2

 ボクシングのWBAスーパー&IBFバンタム級世界王者・井上尚弥(大橋)が世界的に一気に知名度を高めた舞台として知られるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)。今年秋にシーズン3の開催が決まったWBSSのプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏が「THE ANSWER」の単独インタビューに応じ、「イノウエがパウンド・フォー・パウンド(PFP)のナンバーワン」と断言。海外メディアでトップ評価される4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が1位に君臨する現状に持論を展開している。(取材・THE ANSWER編集部)

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ◇ ◇ ◇

 井上はWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチで挑戦者のIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ち。圧巻の左ボディーで格の違いを見せつけた。

 それでも、権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」の最新版PFPでは、井上は2位で変わらず。1位の牙城はカネロがキープしている。

 ザワーランド氏は「個人的にはイノウエがPFPのナンバーワンなんです。この主張は変わりません。パワーという観点から見ていきましょう。デオンテイ・ワイルダー(元WBC世界ヘビー級王者)こそが最強パンチャーという声もありますが、イノウエに匹敵する存在はいません」と断言した。

 21勝(18KO)とKO率85%以上を誇るモンスターのパワーを称賛した上で、リング上で冴え渡る頭脳も高く評価。「彼の卓越したボクシングIQを忘れてはいけません。まるでチェスの名手です。相手を完璧に追い詰めて、最後は獲物を仕留めるサソリのような鋭さを見せつけます。元世界王者相手あれだけのファンタスティックな勝利を重ねています。あの強さは表現できませんね」と卓越したボクシングIQにも着目している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集