[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、7失点KO 際どい判定多数の”ボール球分布図”に米注目「1人の問題じゃない」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地ヤンキース戦に「1番・投手」で出場したが、わずか2死しか奪えずノックアウト。5つの四死球を出し、2本の適時打を打たれるなど7失点の大乱調だった。41球中、半分を超える21球がボール球と制球を乱したが、米記者は大谷が投じたボール球の分布図を公開。際どいボール球も少なくなく、米ファンからは「フレーミングを頑張ってくれなかった」などと同情の声も上がっている。

ヤンキース戦に先発するも、初回で降板するエンゼルスの大谷翔平とマドン監督【写真:AP】
ヤンキース戦に先発するも、初回で降板するエンゼルスの大谷翔平とマドン監督【写真:AP】

41球中21球がボール、米記者「3球はストライクと判定されるべきものもあった」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地ヤンキース戦に「1番・投手」で出場したが、わずか2死しか奪えずノックアウト。5つの四死球を出し、2本の適時打を打たれるなど7失点の大乱調だった。41球中、半分を超える21球がボール球と制球を乱したが、米記者は大谷が投じたボール球の分布図を公開。際どいボール球も少なくなく、米ファンからは「フレーミングを頑張ってくれなかった」などと同情の声も上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大荒れだった。立ち上がりから3連続四球で走者をためると、スタントン、トーレスに連続適時打を打たれた。なんとか2死を奪ったが、死球、押し出し四球と続いたところでマドン監督に交代を告げられた。

 41球中、21球がボール球。だが、ボール球の中でもストライクゾーンすれすれの際どいところに投げ込んだものも少なくはなかった。

 地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者はボールと判定された21球の分布図を公開。「これはオオタニが投じたボール球だ。3球はストライクと判定されるべきものもあったが(1球はライン上)、オオタニが投げたものはストライクゾーンにはほど遠いものがたくさんあった」と記すと、米ファンからも多数の反響が寄せられている。

「スズキがフレーミングを頑張ってくれなかった」
「グリップに当たった死球もあった」
「オオタニだけの問題じゃない」
「シーズン最初のワイルドさがあった」
「彼の健康状態が心配だ」
「オオタニも人間であることを証明した」
「気候が大きく関係していたと思う」

 今季最短2/3回でノックアウトされた大谷だったが、判定が少しでも変わっていれば結果も変わっていたかもしれない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集