[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、7失点炎上 1回持たずKOに米記者呆然「初回2死でショウヘイの夜終わった」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地ヤンキース戦に「1番・投手」で出場したが、わずか2死しか奪えずノックアウトされた。5つの四死球に2本の適時打を与えるなど大乱調で7失点。まさかの早期降板を米記者が続々速報している。

ヤンキース戦に「1番・投手」で先発するも、2死しか奪えずノックアウトされたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
ヤンキース戦に「1番・投手」で先発するも、2死しか奪えずノックアウトされたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

2/3回で2安打5四死球7失点と大乱調

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地ヤンキース戦に「1番・投手」で出場したが、わずか2死しか奪えずノックアウトされた。5つの四死球に2本の適時打を与えるなど大乱調で7失点。まさかの早期降板を米記者が続々速報している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 初めてのヤンキースタジアムのマウンドで大谷が苦しんだ。立ち上がりから3連続四球で走者をためると、スタントン、トーレスに連続適時打を打たれた。なんとか2死を奪ったが、死球、押し出し四球と続いたところでマドン監督が交代を告げた。

 今季最短の2/3回でのノックアウト。2番手のスレガーズも打たれ、2安打5四死球7失点だった。散々だった大谷にツイッター上の米記者からもため息がもれている。

 米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のジャック・ハリス記者は「初回2死でショウヘイ・オオタニの夜は終わった。41球を投じ、最後の打者を四球で出した後、ジョー・マドンが彼の元へやってきた。オオタニがダグアウトへ戻る前に簡単な会話を交わしていた」と状況を描写。米紙「USAトゥデー」のボブ・ナイチンゲール記者も「エンゼルスの二刀流スター、ショウヘイ・オオタニにしては粗い夜だった」と伝えた。

 米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」のキャスター、パトリック・オニール記者も「ショウヘイ・オオタニは41球を投じ、2死しか取れなかった。2番手のスレイガーズは二塁打を許し、オオタニの自責点は7点となった。まじか……」と信じられない様子だ。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集