[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子110m障害で日本新 泉谷駿介が13秒06で優勝 金井大旺、高山峻野と揃って五輪内定

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子110mハードル決勝では、泉谷駿介(順大)が13秒06(追い風1.2メートル)の日本新記録で優勝。東京五輪代表に内定した。13秒22で2位の金井大旺(ミズノ)、13秒37で3位の高山峻野(ゼンリン)も五輪切符を獲得した。

泉谷駿介(順大)が日本新記録で優勝【写真:編集部】
泉谷駿介(順大)が日本新記録で優勝【写真:編集部】

陸上・日本選手権

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子110メートル障害決勝では、泉谷駿介(順大)が13秒06(追い風1.2メートル)の日本新記録で優勝。東京五輪代表に内定した。13秒22で2位の金井大旺(ミズノ)、13秒37で3位の高山峻野(ゼンリン)も五輪切符を獲得した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

  泉谷は日本記録保持者の金井と先頭を争い、勝ちきった。従来の記録を0秒1更新。場内インタビューでは「(決勝レースは)あまり覚えていないが、いつもよりハードルにぶつけずに行けた。公認で13秒06を出せたのは自信になる。(東京五輪では)とりあえず決勝に進んで、しっかりと入賞したい」と語った。

 2位に入った金井は「(内定をとれて)ホッとしている。決勝進出が目標。これから1か月あるので最大限の準備をしたい。国内でハイレベルなレースをしているので、高め合って刺激しながら行きたい」と意気込み。3位の高山は「代表を勝ち取れてうれしい。走りもあまりよくなかったが、電光掲示板を見てうれしさが爆発した。(東京五輪では)予選を突破し、海外の選手と走ることで自分を高めていきたい」と話した。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集