[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳廣中璃梨佳が5000mV 1万mに続く2種目目の五輪内定「のびのび力強い走り見せたい」

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートル決勝では、20歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が15分5秒69で優勝した。新谷仁美(積水化学)が15分13秒73の2位に入り、ともに1万メートルに続く2種目内定となった。田中希実(豊田自動織機TC)は15分18秒25で3位だった。

15分5秒69で優勝した廣中璃梨佳【写真:奥井隆史】
15分5秒69で優勝した廣中璃梨佳【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が27日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートル決勝では、20歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が15分5秒69で優勝した。新谷仁美(積水化学)が15分13秒73の2位に入り、ともに1万メートルに続く2種目内定となった。田中希実(豊田自動織機TC)は15分18秒25で3位だった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 廣中が先頭に立ち、レースを引っ張る展開。新谷は3番手で600メートルを通過し、田中は中団につけた。先頭の廣中は1000メートルを3分2秒、2000メートルは6分2秒で通過。廣中、新谷らが9分4秒で3000メートルを通過すると、田中は徐々に引き離された。廣中が徐々に後続を引き離し、4000メートルを通過。そのまま逃げ切った。

 廣中はレース後の場内インタビューで「力みが出てしまい、もっとのびのびとできたらよかったと思う」と振り返った。レース前の心境については「半年間いろんな思いがこみ上げてくる中で、こうやって大会を主催していただき、自分らしいパフォーマンスに徹しようと思った」と語った。

 これで1万メートルに続く五輪内定。「五輪でも自分らしい走りを忘れることなく、たくさんの方々の応援を借りながら、のびのびと力強い走りをお見せしたい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集