[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマチェンコがねじ伏せた 中谷圧倒のリングサイド映像に米反響「残酷」「何て試合」

ボクシングWBO世界ライト級5位の中谷正義(帝拳)が26日(日本時間27日)、米ネバダ州ラスベガスで行われたノンタイトル12回戦で元3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦。9回TKO負けを喫し、番狂わせとはならなかった。ロマチェンコが連打を浴びせたTKOシーンを米メディアが公開。圧巻の強さには米ファンから「残酷!」「何て試合だ」と反響が寄せられている。

ノンタイトル12回戦で中谷正義に9回TKO勝ちのロマチェンコ【写真:AP】
ノンタイトル12回戦で中谷正義に9回TKO勝ちのロマチェンコ【写真:AP】

中谷正義に9回TKO勝利、米ファン「ファンタスティック」

 ボクシングWBO世界ライト級5位の中谷正義(帝拳)が26日(日本時間27日)、米ネバダ州ラスベガスで行われたノンタイトル12回戦で元3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦。9回TKO負けを喫し、番狂わせとはならなかった。ロマチェンコが連打を浴びせたTKOシーンを米メディアが公開。圧巻の強さには米ファンから「残酷!」「何て試合だ」と反響が寄せられている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

“精密機械”は強かった。リングサイドからのTKOシーン。ロマチェンコは体を密着させた状態から、お構いなしに強打を浴びせる。闘志を絶やさない中谷は立ち続けていたが、左ストレートを顔面に何度も食らい、最後は右ひざをキャンバスについたところでレフェリーが試合を止めた。うなだれる中谷の向こう側で、ロマチェンコは歓声に応えている。

 実際の映像を米スポーツ専門局「ESPN」のボクシング専門ツイッターが公開。文面で「凶暴なTKO。ロマチェンコが帰ってきた!」と伝えた。米ファンからは「ヤバいな」「彼が最強」「傑作。何てパフォーマンスだ」「テオフィモは再戦したら勝てない」「ファンタスティックだ」「残酷!」「何て試合だ!」「ハイテク」などとコメントが寄せられている。ロマチェンコは昨年10月、テオフィモ・ロペス(米国)との同級4団体王座統一戦で判定負け。この試合が再起戦だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集