[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 世界202位の“パー4エース未遂”が反響拡大 「ショット・オブ・ザ・ウィーク」1位

世界202位の“パー4エース未遂”が反響拡大 「ショット・オブ・ザ・ウィーク」1位

米男子ゴルフのフェニックスオープンで、当時、世界ランク202位だったロバート・ガリガス(米国)が炸裂させた“パー4エース未遂”。この衝撃のショットは、PGAツアー公式ツイッターが動画付きで公開し、「奇跡的」「信じられない一打」など、大きな話題を呼んだが、PGAツアーは今週の「ショット・オブ・ザ・ウィーク」1位に選出。ほぼ無名の40歳が残した衝撃が拡大している。

ロバート・ガリガス【写真:Getty Images】
ロバート・ガリガス【写真:Getty Images】

無名の40歳、ロバート・ガリガスが起こした“あと10cmの奇跡”の衝撃が拡大中

 米男子ゴルフのフェニックスオープンで、当時、世界ランク202位だったロバート・ガリガス(米国)が炸裂させた“パー4エース未遂”。この衝撃のショットは、PGAツアー公式ツイッターが動画付きで公開し、「奇跡的」「信じられない一打」など、大きな話題を呼んだが、PGAツアーは今週の「ショット・オブ・ザ・ウィーク」1位に選出。ほぼ無名の40歳が残した衝撃が拡大している。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 あとわずか10センチ…。会場熱狂のミラクルショットショットを放ったのは、世界ランク202位のガリガスだった。大会3日目の17番パー4は、317ヤードと短く、ほとんどの選手が1オンを狙うホール。

 ガリガスは豪快にドライバーを振り抜いた。かっ飛ばしたボールはきれいな弧を描き、ピンフラッグ方向へ一直線。グリーン手前に着弾しても勢いは止まらず、完全にラインに乗って転がったピンへ。まさか――。と思った次の瞬間、ボールはピンを直撃。勢い余って弾んだボールはカップに沈むことなく、カップのすぐ脇に止まった。

 その距離、わずか10センチ。奇跡の瞬間を目撃しかけたギャラリーは一気に大歓声を上げ、実況も思わず笑うしかないという様子で声を上げていた。しかし、当の本人は淡々とグリーンに向かうばかりで、ただ一人、冷静だったのも印象的だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー