[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、あの米誌「タイム」が異例の大特集「王者について知るべき5つのこと」

羽生結弦、あの米誌「タイム」が異例の大特集「王者について知るべき5つのこと」

平昌五輪のフィギュアスケートで66年ぶりの男子シングル2連覇の偉業に挑むソチ五輪王者・羽生結弦(ANA)。開幕が目前に控えた大会の主役候補に対し、世界初のニュース雑誌と呼ばれる米大手誌「タイム」が異例の大特集を展開。世界的な注目度の高さを示している。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

「世界の100人」の大手誌が開幕前に大特集…「地震被災」「野球少年」の過去も脚光

 平昌五輪のフィギュアスケートで66年ぶりの男子シングル2連覇の偉業に挑むソチ五輪王者・羽生結弦(ANA)。開幕が目前に控えた大会の主役候補に対し、世界初のニュース雑誌と呼ばれる米大手誌「タイム」が異例の大特集を展開。世界的な注目度の高さを示している。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

「フィギュアスケート王者、ユヅル・ハニュウについて知っておくべき5つのこと」。1923年に創刊され、「世界の100人」など国際的な影響を誇る「タイム」誌の電子版は、こう見出しを打って特集を掲載した。

 アメリカの伝説的スケーター、ディック・バトン氏が1948年サンモリッツ、52年オスロ大会で果たして以来の偉業に挑む羽生について、記事では「史上最高のフィギュアスケーターとして、すでに認められている」「日本のアイス・プリンスとして知られている」と紹介している。

 昨年11月に右足首を痛め、グランプリ(GP)ファイナル、全日本選手権を欠場。平昌五輪では団体戦を欠場するというニュースは世界にショックをもたらしたが、「彼は依然として五輪の表彰台に立つ本命だ」と金メダル最有力と評価している。

 記事のテーマとなった「知っておくべきこと」の1番目は連覇を阻む故障だった。右足首の状態について「彼のコーチは参戦すると話しているが、未解決の疑問が存在する。彼のトレーニングには報道管制が敷かれ、昨年11月から大会に出場していないからだ」と回復具合がシークレット状態であることを伝えた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー