[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

やり投げ・23歳北口榛花、五輪内定大会1号! 60m超え3連発Vに笑顔満開「ホッとした」

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子やり投げでは、日本記録保持者・北口榛花(JAL)が61メートル49で2年ぶり2度目の優勝。今大会第1号となる東京五輪代表内定となった。

陸上・日本選手権女子やり投げで優勝し、笑顔を浮かべる北口榛花【写真:奥井隆史】
陸上・日本選手権女子やり投げで優勝し、笑顔を浮かべる北口榛花【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子やり投げでは、日本記録保持者・北口榛花(JAL)が61メートル49で2年ぶり2度目の優勝。今大会第1号となる東京五輪代表内定となった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 北口は1投目に58メートル48で2番手につけた。4投目に61メートル22をマークし、トップに浮上。全選手でこの日初の60メートル超えにスタンドが沸いた。強い雨が降る中で競技が行われ、5投目は61メートル03。最終6投目も61メートル49と記録を伸ばし、跳びはねながらガッツポーズをつくった。

 チェコ人コーチに師事し、19年10月に66メートル00で日本記録を更新。リオ五輪銀メダル相当の好記録だった。五輪参加標準記録64メートル00も突破済み。昨年はコロナ禍の調整不良も影響し、佐藤友佳(ニコニコのり)に優勝を譲ったが、五輪イヤーに日本一の座を取り返した。

 23歳は「凄く嬉しいというよりはホッとしました。日本記録保持者として(五輪参加標準)記録も切っているのは一人だったので、必ず内定したいという気持ちが強かった。調子も今シーズンはよくなかった」と笑顔。こう続けた。

「日本のレベルも上がっている中で不安も大きかったですが、コーチやトレーナーさんと一緒に頑張ってきてよかったと思います。(4投目以降で61メートル超が出たのは)今のコーチになってから雨でも投げるという練習もしていて、雨が来ても万全に投げられる練習をしていたからだと思います。3本以内にもっと遠くに投げられるように、もっと修正が必要。コーチとは少し離れているのですが、頑張ろうと思います」

 昨年大会女王の佐藤は、右肘痛を抱えながら出場。54メートル94で8位に沈み、参加標準記録を突破できず。世界ランクなどによる五輪内定も厳しくなった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集