[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

多田修平、10秒15で涙のV&五輪内定「緊張した甲斐があった」 3位山縣亮太も内定

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子100メートル決勝では、多田修平が10秒15(追い風0.2メートル)で優勝。東京五輪代表に内定した。

陸上・日本選手権、男子100メートルで優勝した多田修平(中央)【写真:編集部】
陸上・日本選手権、男子100メートルで優勝した多田修平(中央)【写真:編集部】

陸上・日本選手権

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子100メートル決勝では、多田修平が10秒15(追い風0.2メートル)で優勝。東京五輪代表に内定した。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 2位は10秒19のデーデー・ブルーノ、3位は10秒27の山縣亮太、4位は10秒27の小池祐貴だった。決勝の結果、多田、山縣が男子100メートル代表に内定した。小池は3位以内に入れなかったが、選考基準では「日本選手権の順位」が第一優先されるため、代表入りが濃厚。桐生祥秀、サニブラウン・ハキームは100メートルの代表を逃した。

 今大会は6日に9秒95の日本新記録を樹立した山縣、9秒97の前日本記録保持者サニブラウン、自己ベスト9秒98の桐生と小池、同10秒01の多田が決勝進出。自己ベスト9秒台が4人出場し、史上最もハイレベルな五輪代表争いとなった。内定には、参加標準記録10秒05を切った上で今大会3位以内が条件。大会前まで山縣、サニブラウン、桐生、小池、多田の5選手が同記録を突破済みだった。

 レース後、多田は「本当にここまで来るのは凄い長かった。皆さんの支えがあったからここまで来られたと思います」と涙した。「ここに懸けていたので。春先とかは調子悪かったですが、ここまで上げられてよかった。なかなか1位になることが少なかったので、凄い嬉しいです。試合のレベルが高くて怖いくらいだったので、こういう形で終われてよかったです。3、4日前から眠れない日が続いていた。緊張した甲斐がありました」と感無量の面持ちだった。

 自己ベスト10秒03でリオ五輪代表のケンブリッジ飛鳥は、24日の準決勝で敗退していた。

【決勝成績】
優勝 多田修平(住友電工) 10秒15
2位 デーデー・ブルーノ(東海大) 10秒19
3位 山縣亮太(セイコー) 10秒27
4位 小池祐貴(住友電工) 10秒27
5位 桐生祥秀(日本生命) 10秒28
6位 サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC) 10秒29
7位 柳田大輝(東京農大二高) 10秒41
8位 東田旺洋(栃木スポ協) 10秒42

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集