[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

100mV多田修平「引き立て役」から主役に変貌 失わなかった「いつかは自分が」の野心

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子100メートル決勝では、多田修平が10秒15(追い風0.2メートル)で優勝。東京五輪代表に内定し、涙を流した。これまで自虐的に「引き立て役」と語っていた25歳がついに主役に立った。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

陸上・日本選手権、男子100メートル決勝で優勝した多田修平(左)【写真:奥井隆史】
陸上・日本選手権、男子100メートル決勝で優勝した多田修平(左)【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子100メートル決勝では、多田修平が10秒15(追い風0.2メートル)で優勝。東京五輪代表に内定し、涙を流した。これまで自虐的に「引き立て役」と語っていた25歳がついに主役に立った。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 勝ったのは多田だった。抜群のスタートから加速。先頭に躍り出ると、そのまま自己ベスト9秒台の4人を寄せ付けずに逃げ切った。レース前から押しつぶされそうなほどに緊張。表情にも滲み出ていたが、号砲から10秒後には絶叫した。そしてすぐに涙が溢れ出た。

「ずっと苦しい思いをして、日本選手権も5位とかばっかりだった。納得いくような復活ができたので感極まった。この決勝は今まで以上に集中して、結果を出せてホッとしているという気持ちです。(終盤は)正直、あまり記憶がない」

 これまでスポットライトの中心には立てなかった。2017年に桐生祥秀が日本人初の9秒台となる9秒98をマーク。今月6日に山縣亮太が9秒95を出した。快挙が生まれた2レースで2位にいたのが多田だった。自分の前にライバルたちがいた。山縣に敗れた直後には「引き立て役みたいになっちゃってますよね」と苦笑い。続けて「悔しい。いつかは自分が前に立ちたい」と唇をかみしめていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集