[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、米投球分析家も困惑させる“謎変化球”に現地ファン「たまたまだと思う?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、ジャイアンツ戦に「2番・投手」で先発出場。6回6安打1失点、9奪三振と力投した。5回に空振りを奪った“謎変化球”に米投球分析家が脚光。実際の映像を公開し「思惑通りなのかは分からない」と困惑している。

大谷が投じた一球に米投球分析家が脚光を浴びせた【写真:AP】
大谷が投じた一球に米投球分析家が脚光を浴びせた【写真:AP】

ジャイアンツ戦5回の投球に「ピッチングニンジャ」が脚光

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、ジャイアンツ戦に「2番・投手」で先発出場。6回6安打1失点、9奪三振と力投した。5回に空振りを奪った“謎変化球”に米投球分析家が脚光。実際の映像を公開し「思惑通りなのかは分からない」と困惑している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 専門家も首を捻る1球だ。5回2死一、二塁。左打席にクロフォードを迎えた2球目。カウント0-1から投じられた98マイル(約158キロ)の速球は、内角を鋭く突くと打者の手元でわずかに変化。クロフォードのバットは空を切った。

 実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が公開。文面には「ショウヘイ・オオタニのカットボールのような98マイルの速球。彼の思惑通りなのかは分からないが、これはエグい」と記し、困惑した様子だ。米ファンからは「たまたまだと思うか?」「絶対意図した通りだよ」「驚いた」などとコメントが寄せられている。

 大谷は、続く3球目で空振り三振を奪いピンチを切り抜けた。打っては3打数無安打だったが、1失点に抑える力投で防御率も2.58としている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集