[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【追憶の五輪#4】2006年トリノ 史上初のフィギュア金、“イナバウアー”が流行語に

【追憶の五輪#4】2006年トリノ 史上初のフィギュア金、“イナバウアー”が流行語に

平昌五輪開幕まであと3日。現地からのニュースが続々と伝えられ、その極寒ぶりが話題となるなど、様々な形で盛り上がり始めた。日本代表の戦いぶりを「追憶の五輪」と題し、大会ごとに振り返る。第4回は2006年のイタリア・トリノ五輪。

トリノ大会で金メダルの荒川静香【写真:Getty Images】
トリノ大会で金メダルの荒川静香【写真:Getty Images】

荒川が日本勢2大会ぶり金メダル獲得、「カーリング娘。」がアイドル的人気を獲得

 平昌五輪開幕まであと3日。現地からのニュースが続々と伝えられ、その極寒ぶりが話題となるなど、様々な形で盛り上がり始めた。日本代表の戦いぶりを「追憶の五輪」と題し、大会ごとに振り返る。第4回は2006年のイタリア・トリノ五輪。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

旗手:加藤条治(スピードスケート)
主将:岡崎朋美(スピードスケート)

○金メダル(1)

荒川静香(フィギュアスケート女子シングル

〇銀メダル(0)

〇銅メダル(0)

 荒川が日本フィギュア界史上初の金に輝き、1998年の長野大会以来、2大会ぶりの金メダルを獲得。結果的にこの大会、唯一のメダルだった。アルペンスキー男子回転では皆川賢太郎が4位に入り、この種目で50年ぶりに入賞を果たした。強豪国を破って7位入賞のカーリング女子は「カーリング娘。」としてアイドル的人気となった。

【トピックス】

 荒川静香が歴史を作った。SPではノーミスの演技で3位。フリーではオペラの名曲「トーランドット」に乗ってほぼ完ぺきな演技を披露。自己最高得点で、サーシャ・コーエン(米国)、イリーナ・スルツカヤ(ロシア)を逆転し金メダルに輝いた。

 大きく背をそらすのが特徴的だった「イナバウアー」が大きな話題を集め、この年の新語・流行語大賞を受賞。イナバウアーは本来、両足を前後に広げ、つま先を180度に開く技。上体をそらすのは荒川のオリジナルだが、これ以降、上体をそらす技や動きが「〇〇バウアー」と称されるようになった。

(続く)

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー